森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

タグ:著作集 ( 1 ) タグの人気記事

 大学で蓼沼先生のゼミナールを受けた。労働法である。どのゼミを取るかが課題であったが労働法に関心があり、ゼミを申し込んだ。最初のゼミで[私は一度死んだ身である。それは今度の戦争で戦闘機に乗っており生死の境にいたからだ。」と言われてびっくりした。この先生について学べるのは幸せだと感じた次第である。

 先生はソバ屋でお酒を飲むのが好きでよく連れて行っていただいた。いつも落ち着いておられて声を荒げてしかった姿は一度も見ていない。生徒の自主性を大切にしていただいたように思う。尊敬する先生の授業を2年間受けることができて大変幸せであった。

 卒論は[争議権論]であった。上下2巻の大部であるが、今思い起こすと他人の論議を書き写したところが大部分であったように思う。大学図書館にあるというので一度客観的に読み返してみたいと考えている。

 先生は自宅に持って帰って読んでいるよと言っていただき嬉しかったものである。

 先生も86歳、病気もあって会合には出てこられない。しかしゼミテン(ゼミのメンバー)が100人ぐらいいるので5月14日に総会を開催した。タイミング良く5月14日に蓼沼先生著作集が完結した。全8巻である。
早速第一巻(最終刊行)を買って読んだ。蓼沼法学の全貌が見えてきた。

 会員に知らせて購入を依頼するとともに先生にお祝いのレターを出そうということになった。
33名集まり、先生の健康を待って会合をしていこうということになった。
 学問の世界の厳しさと人が年をとることの必然性が胸にしみるのである。是非回復されてまたお会いしたいものである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-05-25 10:10 | ビジネス