森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

タグ:早稲田 ( 6 ) タグの人気記事

早稲田の講義(11月16日)

 早稲田の哲学講義も3年になる。先生との関係、生徒の友人、交流が増える。
12月に懇親会をセットするのだがその幹事会が大変である。

 育ちも違う、年も違うのでまとまりが悪い。幹事になる人が苦労する。皆で何回か集まって会を設定する。

 やってみると楽しい。新しい友人に出会うことになる。
早稲田が第2の大学になるのであろう。

 私の授業は60人ぐらい受講している。2講座なので、120人ぐらいが同級生だ。顔見知りになる。図書館は週に1回は行く。本に近いことも早稲田に言うメリットである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-11-17 09:51 | 趣味
 後期の哲学の授業が始まった。キルケゴールと、ニーチェである。話はギリシャ哲学に及び、哲学者が何を言わんとしたか本を読んでいる。

 よく理解できないところが多いが、おぼろげに哲学の一部に触れている。
生とは何か、死とは何か、宗教とは、。。。。

 先日、断食して死にたいという人が本を書いていた。30日、努力したが結局死ぬことはできずに、その経緯を本にしている。あまり感心しなかった。しかし、その人は82歳でしたいことはし終えて、迷惑をかけずにあの世にいきたいという気持ちは理解できた。

 哲学とは結局、どう生きていくかという点に焦点を当てることになるのであろう。
勉強しているがよくわからないのが実感である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2011-10-15 11:51 | 趣味
 12月にいったん終了し、1-3月は冬コースが始まる。哲学のすすめという講座と、哲学を映画の中に見る。という講座をとっている。

 終了に際して学生と先生のコンパがある。ヒル、または夕方会費制で先生も出席して会食する。これがなかなか面白い。受講生が自己紹介したり、意見を言ったりで参考になる。

 長い人は4年、8年という方もいる。同じ先生の講義を聞いて昨年よりも良かったとか、質問が出る。
定年後の方、勉強の方、男性と女性は半々である。

 哲学はデカルト、カント、ソクラテス、いろいろ取り上げられる。難しい場合もあるし、わかりやすい人もいる。
生き方が学べるのである。

 哲学でご飯が食べられるのは学校の先生にでもならないと無理なように思う。神学とは近くて、遠い。
東洋と、西洋も近くて遠い。

 初めての哲学の勉強は面白かったの一言で終了した。またとろかと考えている。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-12-16 18:19
 大学に行っていると言うと、お世辞半分で教えているのですか、学生ですかと聞かれる。当然学生として通っている。哲学の授業である。

 なぜ哲学かと言えば、知らないことばかりだからである。デカルト、カント、西田哲学、ニーチェ、良く知らない。アリストテレスが有名である。

 勉強するとなるほどと言うことがある。成人学級なので質問も多い。50人ぐらいが勉強している。
先生がこの学問をなぜ長年研究しているのかが判らない。偶にコンパがあるのでその時に聞いてみようと思っている。

 結局哲学は私たちに何をもたらしたか知りたいと考えている。一年ぐらい通っただけではわからないかもしれない。友人はなぜ哲学を勉強するのか尋ねる。答えは知らないことだからと答えている。

 いつも行く喫茶室、昼食屋、飲み屋、町になじみが出てきたようだ。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-10-14 16:06
 早稲田に通っているがクラスの懇談会があり、先生も出席というので出ることにした。25名ぐらいであろうか、会費制で高田馬場にて5時からの会合である。

 先生の挨拶もあり楽しい会であった。となりの男性が同窓であったことは奇遇であった。卒論の話を先生にしたら早稲田のようなマンモス大学は図書館に取っておいてくれない。国立大学は好いですねとうらやましがられた。

 女性も挨拶したが離婚した人が3人ぐらいいて世の中いろんな方がいると思ったことである。
会合の後先生と6人でカラオケに行った。みんなうまい。かつマイクを離さない。

 他のクラスの会もあるがそれは参加しないこととした。
懇談会で新しい方と知り合うのもよいものである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-06-10 11:08 | 趣味
 早稲田大学に入学した。といっても社会人向け授業である。数多くの講座があるが週に1日、午前、午後の授業を選択した。一つはヨーロッパの歴史と文化、もうひとつは哲学、である。

 45年ぶりに学ぶことになるが同じ先生の講座が続くのも面白い。90分、生徒は一クラス50人から80人ぐらい。女性が半分以上いる。

 ネクタイしている人は少ない。私は頑張ってネクタイしているが慣れて来るとはずすかもしれない。
授業は言ってみれば100点とはいかない。しかし知らないことを学ぶことは勉強になるのでまだ寝ていない。

 昼の食事が混んでいる。学生は弁当、ラーメン屋に列を作っている。あまり時間がないので時間によって食べはぐれることもある。

 図書館も使えるので行ってみよう。友人の森氏に聞いておいてよかった。やはり友人の情報はやくにたつ。
知人の早稲田の先生と夕食でもしようという話になっている。近くの飲み屋を物色中である。

 大学生になった気分は良いものである。学生証もあって身分証明も完ぺきである。学生店舗でコーヒーを飲んだ。220円でした。
 仕事をこれから卒業する方、時間が出来た方、勉強したい方にはお勧めである。早稲田のエクステンションコースは受けてみる価値があります。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-21 18:23 | ビジネス