森下一乘のブログです


by kazunori_lifework
 新年度になり、新しく、生徒募集いたします。就職が決まっていない方、学生、定年が近い方、離職した方、いずれも結構です。ぜひ、相談に来てください。困った時の相談所です。

 必ずや、よい結果が期待できます。経験30年のプロがコーチします。コーチに名は森下一乗といいます。
 Morishita-Consultants のホームページを見てください。


[PR]
by kazunori_lifework | 2018-03-07 18:30 | ビジネス
現状は、まあまあである。生徒は、増えたり、新しい方が、入塾したりする。一方、生徒は、就職が決まり、卒業して行く方も多い。

卒業までの期間は、人によって異なるが、3か月から、6カ月が多い。長い方は、1年以上の方もいる。申し訳ないので,退会したいという方もいる。

頑張って就職活動を続けるように励ます。気長にしないと疲れることもある。

自分のためにもなる。他人のためになると考えて続蹴ているのだが,やりがいは自分に帰ってくる。

4年目になったので,効果的な方法を確立して行きたい。新卒の方の相談も増えてきている。

やつと決まったと安心していると,退職したというニュースが入ってがっかりするが,気を取り直して次のステップに取り組むこともある。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-03-26 14:01 | ビジネス

中国の春節。27.3.3.

中国の旧正月は2月15日前後である。例年の日にちが変わる様だ。寺子屋のせいとであるTさんが、春節に合わせて帰国して来た。

家族が皆、集まり、楽しく食事する。交通は、混み合い大変な様だ。2習慣の休みをとって明るい顔をして帰って来た。お土産に大きなお茶を頂いた。

帰国後、準備していたので、ある会社を受けて、内定したと言う。コーチして来た立場としてはとても嬉しい。手をとって喜んだ.

中国の人にとって、異国での就職は何かと,苦労が多い。研修生の取り扱いについて、悩みを持つている様だ。

来週から働くので、入社後の働き方について助言した。元気に頑張って欲しい。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-03-03 13:48 | 人生観

寺子屋の近況、26.12.4.

個人情報は、話せないが、最近、どんなことになっているかをお話しよう。

そう、流行っているわけではないが、週に何人かが通ってくる.昼の場合と、仕事中で夜しかこれない方もいて、時間に制約される。

個人ごとに事情が異なり、どう助言したら良いか,悩んでしまうことも多い.最適な解決策が分からなくとも,色んな選択肢を示して、本人に考えてもらう。

時間の経過の中で本人が決めていく。私は、サポーターで、客観的な意見を提供する。良いコーチとなるのである。

不思議な物で、3ヶ月、6ヶ月、立つ間に転職したり、勤務を継続したり、入社が決まったり、卒業の時期がくる。しかし、また、再入学してくる人もいる。

年間の生徒は数十人であるが、お役に立つていることが嬉しい。生きがいである。コツコツと、努力を継続して行くつもりである。もう、始めて4年になる。
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-12-04 10:28 | ビジネス
  米国に留学生を送っている組織がある。年に7-8名派遣している。
有名大学が多いが、ハーバード、その他リベラルアーツ(教養学部)の学校が多い。日本ではリベラルアーツは使われないが、米国では生きるすべてを学ぶというようにこの言葉が使われているという。

 数人であるが一時帰国の間を縫って帰国後の就職に対するワークショップを開催した。英語がTOEIC が満点という。半日コースであるが.砂が水を吸収するように理解していく。

 終わって、懇談会を開催した。皆さん、素直に吸収してお礼のメールが来る。

Grew-Bancroft基金と言って、アメリカ大使が寄付した財団である。松本常務理事という方がマネージしている。昔、津田梅子という方が留学して津田塾を作ったのは有名である。

 留学した後何をするかが大切だ。就職はその手助けをする。お役にたてることを念願する。

 米国人で、日本で働きたいCONNORさんという方が、1年がかりの寺子屋の期間を経過してこの7月に就職した。コンサル会社である。彼が友情出演してくれた。助かった。
 外人が日本で就職するのも難しい。
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-08-16 13:24 | ビジネス
バンクロフト基金の留学生に対して、しゆうしよくせみなーをすることで、講師依頼があった。

米国に留学したが、帰国後、日本に就職するためのセミナーである。お役に立ちたい。
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-12-23 13:11 | ビジネス
寺子屋に米国人が入塾した.アメリカ人の紹介で、日本で就職したいという。アラバマ大学の秀才である。

会社であって、まず何がしたいか、聞いてみるがこれからである。レジュメはしっかり書いて来た。

日本人と、米国人と差があるわけではない。資質、熱意、頭の良さが大切だ。コーチすることにした。一年間の間に育つて行くと思う。

コナーマカーテイ君という。機会があればあって欲しい。
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-10-23 12:29

寺子屋の就職率。

 寺子屋をしているがどのように結果が出ているのか、興味を持っている方もおられるであろう。
それがなかなか大したものであるのだ。

 来られる方はあまり多くはないが着実に増えている。紹介で来られる方が多い。広告で探したりしたが、効果は限定的である。そこで口コミに重点をおくことにした。

 口コミは友人の紹介、お医者さんの紹介、妻の知人からの紹介、寺子屋の経験者からの紹介と多岐にわたる。最初は相手も戸惑うが、寺子屋の趣旨と、回数を重ねる中で信頼をえていく。

 3-6か月が平均である。事情はそれぞれ異なる。田舎に帰る方、定年を迎えた方、失業した方、女性、学生、お年寄り、家族のことについての相談、何でも相談に応ずる。年齢でダメとか、事情によってはダメということはない。

 個人の事情に合わせてアドバイスしていくと、自分で気が付いてくれる。結局次の人生を決めて就職が決まっていくのである。うれしいというか、お手伝いができてやりがいがある。
 就職が決まると、乾杯したり、小さなお子さんのいる方は安いホテル券などを送って楽しんでもらう。子供が海に行って喜んだなどという手紙をもらうとうれしい。

 年間、数十人であろうがお役にたてて寺子屋の有意義な活動が理解されるとうれしいのである。生きがいとなっている。困った方は遠慮なく相談してほしい。継続は力なので
つずけたいと思っている。
[PR]
by kazunori_lifework | 2012-09-15 12:05
 就職寺子屋の10回目を終了した。少人数であるが心をこめてセミナーを行った。人柄、キャリア、積極性が就職には大切なことを説いた。

 セミナーは実技(面接訓練)を入れて質問と答えの中に心の強さを作ることを主眼にしている。
終了後はランチを食べながら就職までのイメージを固めていく。

 後で、メールで職務経歴書、履歴書、自己推薦状の添削を行う。これで3-6カ月すると再就職に成功する方が多い。

 このシステムを世に広げていきたい。無料でやることが大切と思う。誰もお金儲けの仕事に感激する人はいない。東日本の被災者の方々にこのサービスができないか模索している。継続こそ力である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-03-11 11:56 | ビジネス
 長い間温めていた就職の学校、(寺子屋となずけた)が始まった。25年人材ビジネスを手掛けてきて、今後も「世のため、人のため」を活動の原点にしたいと考えてきた。

 やっと時間の余裕も出てきたので地元で活動を始めた。ボランティアである。場所は杉並区の集会室、7月12日が第一回、就職のコツ、20日が自分のセールスポイント。
 参加者は多くはないが十分な人数で始まった。

 継続は力である。言うことはやさしいが実行が難しい。テキストを作り、2時間コースで就職成功への道を寺子屋方式で広めていきたい。

 告知が課題であるが区の広報に申し込んだが断られた。でもそれぐらいで文句言っていたのでは前に進まない。継続していこう。きっと役に立つものであるから。

 今、会社3日、 早稲田大学の学生1日、ボランティア 1日、でフルである。当分の間、このスタイルでいこうと思う。
 他人に見てもらうのでなく、自己の生きがいとして寺子屋を発展させたい。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-07-21 14:39