森下一乘のブログです


by kazunori_lifework
 河合隼雄著の「明恵と夢」という本を読んだ。どんな関係があるのかと思ったらユング学者の河合氏が12世紀に生きた明恵上人が夢を見て自己分析していることに感心して書いたものだ。19世紀にフロイト、ユングが夢を分析して心理学の発達に力があったのは聞いていたが、我が国のお坊さんが700年も前に夢をすべて記録して自分の心を分析していたことに大変驚いたのが本の趣旨である。

 宗教をすごく勉強して河合氏が分析している。最終的に明恵上人は女性に接することなく往生するのであるが悩みもあったと思われる。夢が19歳から50歳にわたるまで,逐一記録されていることは大変な努力である。

 心理分析の世界が奥が深いのがだんだんわかってきたが、河合氏の本をこれで5冊目を読んでいる。立派な方である。
 自分の夢は仕事、他人との交わりに関することが多く、夢分析に役に立ちそうにない。しかし、生活上のことに、夢を加えて考えていく考えにびっくりするのである。

 人について判ったつもりでいたがきっとわかっていなかったのであろう。勉強が面白い。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-05-13 14:05
 最近、心理学に興味があってユングについて読んだ。日本の第一人者河合はや雄氏の解説である。難しいが引き入れられる。フロイトがセックスをベースに心理を読んだのであるがユングは意識、無意識の間に人の心理が動くとして解明しようとした。

 登用にも関心が深く登用と、西洋の特徴も出てくる。東洋人は魂とか、精神を言うがあるがままにれるという点では東洋人の方が自然に近いのかもしれない。

 ユングの心理学は幅の広いもので一冊の本で判るものでもない。夢判断が多いが夢を覚えていられない。
私は一度いい夢見て笑っていたそうだ。(妻が言うには幸せな人ねという)夢で笑う人をどう表現するのであろうか。怖い夢も当然見るのだが。仕事の夢はユングには出てこない。お金の話をたくさん夢見た。

 ジキルとハイド氏が心理学で説明できるらしい。まだ入口であるが奥の深いものが心理学にはあるようだ。
もっと本を読んでみよう。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-15 13:58