森下一乘のブログです


by kazunori_lifework
40年前に、青春を過ごした八幡製鉄所の工作本部のOB会に参加することとした。
懐かしい方々と一緒に過ごしたときは、かけがえがないものであった。

センチメンタルジャーニイである。北九州空港に着いて、河内の貯水池、大谷球場、響灘、若戸大橋、門司港、レンタカーを借りて回った。

懐かしい。青春を仕事にかけていた。会は、200人ほどいたか?半分は、見たことある顔だ。
人生の収穫期という事を考えて、参加した。

会の最後に挨拶を依頼されて、大きな声を出した。
トンネル作ったこと、ボートブ艇庫を作ったこと、屋根の看板を載せたこと、3つ話したら、やんやの喝采で満足した。

人生はやり直しがきかない。しかし、また、どう生きるかと言われれば、同じ道を希望したい。
懐かしく、自分を褒めてやりたいような青春時代であった。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-11-13 12:16 | 人生観
 卒業後50年経過した。皆が入社の土地、八幡の集まるというので九州に出かけた。60人が懐かし顔出した。元気に出れる人は幸せである。

 これで最後だという人と、60周年もやろうという人がいる。16%の方が鬼籍に入っている。
思い出スト気が遠くなるようだが確かに50年、活動してきた。

 他の方には名の感激もないであろうが参加者はおお満足であった。あいさつしたが、私はこれからのことを話そうといって、あの世に行く準備をしておく必要を述べた。何人かが、賛成と言ってくれたがどこまで聞いていたか、騒がしかった。(飲むとあまり人の話を聞かないようである)

 チャンスなので会社で世話になった方、ブライトの社員、博多のお世話になった方、大分の親せきと回ってきた。楽しかったが疲れた。

 途中で宇佐神宮と、八幡の高見神社にお参りして、高見では鉄の塊が入ったお守りを買ってきた。
きっとご利益があるであろう。

 昔を思って生きるのか、これからのことを考えて生きるのか、私は前を向いていこう。後ろを振り返る余裕はない。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-04-17 09:35 | 趣味