森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

カテゴリ:人生観( 42 )

 連休が暇である。勤務しているときは、暇がないが、今は休みが埋まらない。孫たちはそれぞれ忙しいし、私たち夫婦は、暇である。休みをどうしようか考えてしまう。

 混んでいるのは嫌いである。そこで、人が少なそうな場所に出かける。やっと、泊り場所を見つけて、出かけることにしよう。

 人生収穫期の暇の過ごし方に悩んでいる。人生ままならないものである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2018-04-30 09:01 | 人生観
 2018.3月号に投稿した。OB会報に乗るので、数千人の目に触れる。

 校正に注力し、文章の上で他人を傷つけないように、配慮した文章にする。人生観が表に出ることになる。
他の方の参考になれば幸いである。

 「終活」は、これからすべての方が直面する問題であろう。「面倒を残さない生き方。」が副題である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2018-03-21 11:43 | 人生観

新年の心構え。

新年あけましておめでとうございます。今年も、明るい、活気のある年にしたいものです。

北朝鮮、ビットコイン、アメリカ、トランプ大統領、中国の覇権主義、憲法改正の動き、健康維持、株価の動き、世の中は、変化している。平成も来年には、時代が変わっていく予定。

この時代に、80歳を迎える事になる。終活が大切になるので、よく考えて生きていこう。

1月5日から、12日まで、スペインに旅をした。昔行ったところも、新しい発見があり、楽しかった。サクラダファミリアが、完成が近く、2028年には、完成するという。近くのマンションを取り壊して、正面から入場できるようになると言う。
また、延期があるかもしれない。1850年からの工事である。

石積みから、コンクリートの使用によって工期が早くなったようだが、完成したら、見に行きたい。

アルハンブラも、アラブのモスクの中に、キリスト教の教会ができている。アラブ800年の占領の歴史と、モスクを、壊さずに維持している事にも、感心した。ある意味で心が広いとも言える。

冬の時期で旅行費は、20万以下である。休める身分が有難い。

[PR]
by kazunori_lifework | 2018-01-15 11:43 | 人生観
 入社55周年で仲間が集まるという。九州に出かけた。43名の仲間が集まり、懇談した。

 石川君は先日倒れたという。奥様同伴で駆けつけて、ハーモニカを吹いてくれた。音が懐かしく、もの悲しい。やんやの喝采であった。宇都宮から来たという。脳こうそくで倒れたが、リハビリで回復中という。奥様同伴兄に、パ?テイには参加しない。同市であるから、参加すればよかった。

 仲間に伝えるために、「終活」という文を書いた。希望者に配ることにして、19名の方が読んでくださった。うれしい。印刷して配ることも考えたが押しつけがましい。希望者に配布にした。

 博多で、古い友人夫妻と会い、小倉で古い友人と飲み、別府でお世話になった叔母と再会した。センチメンタルジャーニーである。会いたい人にはあっておかねばならない。いつか終わりが来る。

 行きたかった国東半島の両子寺に行くことにした。不便なのでレンタカーである。50年前の姿はないが、たたずまいはわかる。庫裏は10数年前に新築されたという。桜がきれいであった。

 この、55周年はやるか否か、意見が分かれた。東京でも開くという。私は両方出ることにした。
懐かしいと同時に、仕舞支度である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2017-05-04 11:32 | 人生観
 12月25日。クリスマスである。イブは妻と築地に行って、刺身を食べた。安くておいしかった。

 師走という。先生も走るという事から来たような文字であるが、気ぜわしいという事も言えよう。我が家は、孫が5人いるが、正月に集まることになっている。それまでは走ることもない。

 訃報が多い。遠い方、近しい方、親友、会社の方、同級生、どこから訃報が届くかわからない。今年は弟、親しい親戚の方がなくなって、寂しい気もする。

 時は、過ぎてゆく。っ過去を振り返らずに生きていこう。あまり、むかしのお付き合いで冠婚葬祭にの幹を取られていると、自分の人生が消えてしまう。

 ヨーロッパノお墓の碑があって、「明日はお前だ」と書いてあるという。意味が深い。
そうだなと思う。それなら、日日を大切に生きていった方が良い。

 できるだけ、お付き合いのある方と会う事にしよう。「またねという事は2度とこない未来。」という言葉もあるが、また会うこともある。捨てたものではない。

 「生きているのに、文句を言うな」。青山茂重氏が言っているが、どんな人か知らない。確かに文句言っても仕方がないのだ。

 たまに、むかしの仕事がうまくいかない夢を見てうなされていることがある。妻は、苦しそうだよと言うが、自分ではわからない。懸命に商売と戦った過去があるだけだ。会社は、うまくいかないことも多い。よくやったと思う。

 とらわれないで、周りの人に迷惑をかけない年寄りになろう。年寄りの嫌なところは次の通り。
 保守的、頑固、猜疑心、柔軟性がない、愚痴っぽい、嫉妬深い、わがまま、短期、出しゃばり、ひがむ、欲張り、嫌ですねー。
 よいところ、慈悲深い、淡泊、温和、寛大、よいところが少ないですね。

 はるばる来つるものかな。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-12-25 10:27 | 人生観
 携帯に伝言あり。スペインの巡礼の道を尋ねていたので、帰国した日である。親しい方の訃報が家族からあった。

 15年ぐらい一緒に働いたY.O。さんが,がんで亡くなった。7月から入院していたが、だれにも知らせてほしくないといっていたそうだ。その日がお通夜なので駆け付けた。

 71歳という。寂しい限りだ。ブライトで、右腕となって、誠実に働いていただいたことに深く感謝。弔意を述べて帰った。人の命ははかない。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-11-17 09:17 | 人生観
 お医者さんの指摘を受けて、大腸検査を東京医大病院で受けた。朝から絶食、2リットルの下剤を2時間で飲み干す。

 午後2時半、検査。テレビが映している。お医者さんと話しながら、30分検査。ポリープが2個、1個無害、一個は取ったほうが良いという。すぐに取ってほしいと依頼。超音波でカット。ホチキスで傷口を止める。

 1週間はノーアルコール、ノーふろ、食事注意を受ける。長年付き合ってきた腸、ご苦労様。ポリープの1個もできるはずである。でも、ガンがなくて安心した。

 飲み会が3回あるが、ノーアルコールで行こう。なまないと、口が寂しいが体にはよいと思う。体重が少し減ってうれしい。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-11-17 09:08 | 人生観
  8月30日に、なんと78歳の誕生日を迎えた。めでたさも中ぐらいなる、生まれた日。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-08-30 20:52 | 人生観
母は、102歳になる。弟に不幸があり、私が、窓口となって世話する事になった。色々、勉強すると、特別養護老人ホームというのがあって、国の予算が使われている。

入るのが難しく、2~3年末のが常識のようだ。がんばって、申請したら、ちょうど審査のかタイミングであって、幸に、入居が決まった。

100才を超えている事と、要介護四というのが効いたようだ。介護の手が多い。安心である。
母も満足しているようだ。

消費税をあと伸ばしにするのでなく、しっかり、税金納めて、介護を充実してほしい。

参議院選挙では、たいせつな、せいかつをまもる党に投票するつもりである。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-06-30 13:57 | 人生観

友人の訃報、28.4.7.

高校時代の友人の訃報が入った。癌だったという。同期なので、同じ歳である。

親しかったが、名古屋での葬儀という。いけない、友人に連絡し、電報をうった。

どうも、冬から、春にかけて、旅立つ方が多いようだ。心から、合掌する。
お付き合いは、55年にもなろうか。

親しい友が旅立つと、寂しさが募る。その意味では、会いたい人には、なるべく会っておく事が良いだろう。

昔、中学の先生に会いに行った。昔の事を、覚えていてくれて、嬉しかったのだが、1年経ったら、奥様から、ハガキが来て、亡くなった事を知った。あっておいて良かったと、感じた次第である。

生きていることは、死にあう事でもある。今日死ぬのであれば、何をしますか、という本があった。
つまらない事に、心を取られている暇はない。世のため、人のためであった。

役に立つ事を、努力して行こう。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-04-07 10:22 | 人生観