森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本労働ペンクラブで4月に、君津製鉄所の見学を計画している。製鉄所ができて、40年も経ったのではないか?

歴史とともに、製鉄技術も進歩していることであろう。
楽しみである。20-30人が参加するであろう。鉄は、国家なりという言葉があるが、後進国も、製鉄所があることで、その後の発展が期待できる。

過酷、中国、マレーシア、ブラジル、いろんな国に技術移転をして来たが、韓国、中国は、自分の力で伸びてきたように考えている。

感謝は、求めはし無いが、国民性を表している。お付き合いが難しい。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-28 11:37 | ビジネス | Comments(0)

社長応援団の会。28.1.26.

数年前から、社長応援団と言う会を定期的に開催している。1月26日,久しぶりに、新宿で新年会を行った。

元社長の会なので、皆さん、それぞれご意見があり、面白い。当初は、中小企業へ助言しようと集ったが、飲み会として、発展して来た。

毎回、全員参加の精神で盛り上がっている。もし、企業経営についての悩みがあるのであれば、相談に来ていただいて結構である。きっと、お役に立てることであろう。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-28 11:22 | ビジネス
人材育成について論文を書いて、日本産業訓練協会の雑誌に発表した。

大学の仲間に告知したら、18名の方から、論文を読みたいと申し込みがあった。みなさん、感想文を返送してくれて嬉しい。

読みたい方は、メールで申し込んでいただきたい。kazu.morishita@jcom.home.ne.jpです。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-21 13:13 | ビジネス
前から、オーロラが見たかった。妻も同じ希望。16万円のコースを見つけて、即決。
行って来た。

ノルウェーのトロムソという小さな町である。3泊して、2日,よる10時~12時に満点の中、毛現地の人は、ノーザンライトーオーロラのこと、を見ることができた。

日本でも、日本書紀に出ているという。太陽の磁気が地球に当たって見えるという。昔の人は、不吉な予感があったかもしれ無い。

皆さんに勧めたい。オーロラ見ずにあの世に行くな。と。

零下10度ぐらいなので、寒くはない。カナダ、アラスカに比べると、ノルウェーは、お勧めである。百聞は一見に勝る。生きてる間が花である。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-18 11:24 | 人生観
 母は、元気に過ごしています。92歳ですが、杖ついて歩きます。しっかり支えないと怒られます。
たまに、外食のために、y車に乗るのもうまいものです。

 「母と暮らせば」、という長崎の原爆の話が映画になって、感動を広げています。私の母も大変でした。北朝鮮から、引き揚げてきたのです。兄と私は、事前に密航船で子供2人で帰ってきました。
 
 半年遅れて、妹、弟と父の4人が帰ってきました。大変な苦労でした。お母さんにありがとう、ご苦労様でしたと言って上げたい。

 施設で預かっていただいていますが有り難いことです。お世話が大変だろうと思います。
元気で、風邪もひかずに過ごしてほしいと祈っています。今日は久しぶりに、妻と会いに行く予定にしています。次男だよと周りの方に説明してくれます。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-06 08:29 | 人生観
 謹賀新年。 今年もよろしくお願いいたします。

 年年歳歳、同じからず。今年の抱負は、健康で、就職寺子屋をもう1っ歩、発展させることです。
世のため、人のため、生きている限り、社会のお役に立ちたい。

 77歳というのは良い年です。もし新聞に出たら、事故を起こした場合位は、そろそろ、運転はやめなきゃとか、いい年して何やってんだと思われる年になったということです。

 ギリシャのことわざに、「年を取ると、考えも変わっていくよ」というラテン語の言葉があります。良い年なので、よい年なりに過ごすことにしましょう。

 1月5日から、近くの公園で朝6時から行われているラジオ体操を継続することも、心がけましょう。心身ともに健康に過ごすのは大切なことです。

 今年もよい年になりそうです。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-06 08:19 | 人生観
 暮れの忙しい中を、箱根のゲストハウス社長、高橋夫妻を訪ねた。おおわき谷の噴火の影響が大変だったことであろう。自然には逆らえない。早い、安定化を祈るのみである。

 高橋佐長は30年来の友人で、小田原のLIOJという、英語の研修学校の事務局におられて、お世話になった。30年も続いているお付き合いは、珍しい。

 友人というのは、長い友人も、短い友もいる。自分の尊敬できる方であることは大切だが、あまり距離が離れると、敬遠してしまい、疎遠になることもある。

 友は、お互いに尊敬できる部分と、安心感みたいなものが大切だ。高橋氏は箱根の外国人向けのゲストハウスの社長で国際交流のプロである。あちこちから、外国人の受け入れについて講演に忙しい。

 久しぶりにお話と、おそばを食べて楽しい時を過ごすことができた。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-06 07:38 | 人生観