森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

例年の絵の展覧会が、巡って来た。4月12日ー18日の10時ー17時.有楽町の交通会館である。

見て欲しいと、呼び集めるのも、忙しい人に申し訳がないと思う。自己満足のためかもしれない。
自信が有ると大声で知らせるのだが、遠慮があるのだ。

2点出す準備をしている。お時間と、興味のある方は、見ていただけると幸いで有る。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-02-24 10:46 | 趣味
マイレージは役立つが,あまり乗っていないので,期限切れになりがちである。

持ったいないと,無理して切符を取ろうとすると,不足が出て追加費用がかさんでしまう。
今回,期限切れの予告に反応して、切符を購入したが,加算金がかさんでしまった。

正規運賃は高い。しかし、早割とやらで買うと,3分の1ぐらいになる。結局,銭失いになってしまう。

飛行機に乗る頻度が少なくなるので,マイレージも,あまり,期限切れにこだわらない様にしようと思う。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-02-18 13:04 | 趣味
夏に、日本労務学会が、法政大学で行われる。3回めだと思うが、自由論題で発表を計画している。
提言なので、否決されるかもしれない。

世の中の矛盾は、なかなか是正されない。個別企業の最善は、世の中のマイナスになることがある。

合成の誤謬とか,不合理の経済と言われるが,非正規雇用について発言しようと思う。改善策を提言する。調査、研究が、主体ではあるが世の中の矛盾を解決するてだてを考えたい。

利害関係者の参加する審議会は,足して2で割るケースが多く,結局,元の木阿弥になりがちである。正論を述べて世論の力で,法制化しなければならない。

世の中は,振り子の様なものだと思うが,問題の解決が遅すぎるのも,社会の硬直化をもたらす。
改善案を示したい。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-02-18 10:51 | 人生観

春闘の動向。27.2.16.

16日,連合の古賀会長の話を聞いた。実質賃金をあげなければと、2%の賃上げを要求している.企業ごとに業績が異なるので、一概に決めるわけにはいかない、言う。

戦う姿勢が、今一歩と感じるが、世の中、名目賃金は上がったが、今年は、実質賃金をあげることに注力している。

午後、ゼンセン同盟の逢見会長の話は、納得出来た。150万人に組合員が増えている。非正規社員も組合加盟に努力して居り、感心した。3%の賃上げを目指しているが、イトウヨーカドウ、イオンが、あまり調子が良くない様だ。

企業業績は、よくなっているので、労働分配率をあげる必要があろう。ピケテイがこの機会に格差是正を著書でアッピールしたのもタイミングが良い。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-02-17 10:51 | ビジネス

最近の映画、27.2.10.

最近見た映画は以下の通り。
エクソダス、スケールが大きい。モーゼの十戒が出てくる。聖書に何が書いてあるかが理解できる。
内容は,昔のエジプト近くが出てくる。90点。

マエストロ、西田敏行が,指揮者になる。音楽がいい.80点。

バンクーバーの朝日、戦前、カナダの日本人2世が、野球チームで活躍する話である。移民の苦労がよく理解できる。75点。

小さな岬の物語、千葉の海岸にある喫茶店が舞台。吉永小百合が熱演している。しみじみした映画である。 85点。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-02-10 14:16 | 趣味

確定申告。27.2.10.

毎年、確定申告を行っている。だんだん、簡単になって来ている。経済活動が低調なのである。
忙しい時は、3-4日も掛かって、大変であったが、いまは、1-2日でおわることができる。

妻の分も当然かきあげる。昨日、早速出しに行った。妻は、譲渡案件があって、のうぜいする。私は,納税はない.

今は、E-Taxと言って、Web上で申告できる。米国は、4月のようだが,皆さん、申告時期には、一生懸命だと聞いたことがある。

事前申請が、空いていて便利である。早めの申告をお勧めしたい。過去に、申告ないようについて税務署から、問い合わせがあったことがある。電話で説明して,事なきを得たが、堂々としている必要がある。税務署よ、こんにちは、と言うおつきあいが必要である。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-02-10 13:55
年2年前から、労働ペンクラブにいれていただいた。海外への調査旅行とか、経団連、連合のヒアリングとか、いろいろ、勉強になる。

感謝しているので、幹事を引き受けた.あまり、時間をかけられないので、会員担当を希望した.
会員の入会、退会と、会員名簿の作成である.

幹事は、20人ぐらいいるので、そのおつきあいも広がることになる.色んな方がいる.記者、研究者、官庁、組合、経営、その他,おつきあいで勉強ができる.

あと、日本労務学会も10年になろうか。継続は力なりでもある。今年は、大会で発表を検討中である。何かをしようと思うと、準備が必要である。これも、生きがいの一つである。
[PR]
by kazunori_lifework | 2015-02-04 16:01 | ビジネス