森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新しいマンションに入居して、理事長になった.そろそろ、お役に立ちたいと考えたからだ.

大変だよ、と忠告もいただくが、会社の運営も大変だった.皆が、仲良く住めれば、幸せである.
居座りは、困るので、最高2年にしようと提案している.

105軒のみなさんが、気持ち良く住めたらありがたい.苦情の受付箱を作る予定である.
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-01-31 16:15 | ビジネス

孫の受験。2月1日

孫2人が、受験中である。どこを受けているか、何時試験なのか、定かではないが、頑張っている様な話が聞こえてくる。

私は、公立派で、せっかく在るのに、勿体ない、自分は私立を知らないで卒業したと思うが、孫達は、また別の考えらしい.

勝つたり、負けたりがあろう.どちらにしても、強く正しく育つて欲しい.公立も、強く育つためには、良いところだよといってやろう.もし、落ちたら、がっかりするなといってやろう.

祖父母としては、願うのみである.
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-01-31 16:06 | ビジネス
新封切りのウルフオブウオールストリートを見た。人間がお金のために、なりふり構わず、儲けに走って行く姿が、強烈である。

デカプリオがうまい。華麗なるギヤつピーも似た様な話だが、実在の人物の話しだと、びっくりだ。描写が、セツクスシーンが多いが、映画の格を下げている。

リーマンショックも、その後経験したが、人間の欲望と、お金の関係は、切っても切り離せない。
見終わって、人間の馬鹿さ加減に、滅入ってしまう.

映画を見て、人生を考えるのも、良いものである.
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-01-31 15:56 | ビジネス

仕事始め.1月6日

1月6日に仕事始めをした。西新宿の会社に出社して、挨拶して虎ノ門の顧客まで出かけた。

過去、何十年と年の初めに挨拶回りをする習慣があったが、最近は、優雅なものである。

時間が自由になったことは、生活が豊かになったことと同意で有る.
スケジュールがゆっくりすることと、生活の質が向上することは、必ずしも同じではない.自分の心が大切だ。

世のため、人のため、生きていくに当たって世の中のお役に立つことが、ますます重要になって来た.
年月の立つのが、早くなって来た.時を大切にしていこう.
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-01-07 13:54 | ビジネス

仕事始め.1月6日

1月6日に仕事始めをした。西新宿の会社に出社して、挨拶して虎ノ門の顧客まで出かけた。

過去、何十年と年の初めに挨拶回りをする習慣があったが、最近は、優雅なものである。

時間が自由になったことは、生活が豊かになったことと同意で有る.
スケジュールがゆっくりすることと、生活の質が向上することは、必ずしも同じではない.自分の心が大切だ。

世のため、人のため、生きていくに当たって世の中のお役に立つことが、ますます重要になって来た.
年月の立つのが、早くなって来た.時を大切にしていこう.
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-01-07 13:54 | ビジネス
 戦争映画は苦手である。引き揚げてきた記憶が生々しく、思い出してしまう。しかし、永遠のゼロ、はみた。

 孫の2人が祖父の歴史を聞いて回る。弱虫という人がいる。生きて帰りたかったその祖父も差後は特攻隊になって命を落とす。

 戦争は悲劇である。美化はできない。決して行ってはいけない。なぜ人間は繰り返し戦うのだろう。人を殺してはいけないというDNAがないのである。

 よい映画で泣けてきた。強い人が、死ぬ人でない。
死にたくない人が弱いのでもない。考えさせられた。

 私の少年時代の考えでは、高校を出たら志願したであろう。死んでいるであろう。

 孫に戦争がもう少し長ければ、私は死んでいるよと言ったら、孫娘が、「それでは私たちは、この世に生まれてこないよ」という。そうなのだ、死んではことが止まってしまう。幸せということを考えてしまう。

 戦争は本人の意思とは別に死を迎えることになる。子供たちを戦争に送ってはいけない。靖国神社に参る人がいる。国は無名戦士の墓を作るべきである。千鳥が淵でもよい。知恵がなさすぎる。
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-01-01 22:14 | 趣味

元旦を迎える 1月1日

 いつも元旦は気持ちが引き締まる。いつもと違う感じだ。今日は天気も良いし、さわやかな気持ちで朝を迎えた。

 お茶をたててもらい、お雑煮食べて、孫娘のバイオリンの演奏を聴いた。12月26日にはクラシックのコンクールに出て全国3位の成績だったという。えらいものである。

 音楽の道を歩むのは大変であろう。心で弾いてほしいと思う。年賀状の返事を出して大宮八幡に初詣に行く。20分ぐらい待ったであろうか。ちょうど良い。人がいないとさみしいし、多いと嫌だ。

 今までは府中の大国魂神社であったが、今年は天kyを機会に大宮八万位変更して、双方の神社に断った。

 新しい年に、健康と家内安全を祈る。
[PR]
by kazunori_lifework | 2014-01-01 21:59 | ビジネス