森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

  8月25日。エイトの決勝があり、一橋大学が第2位、5分47秒。1位の日大に1艇身の差で迫る。
見ていてその立派さに感激した。

 最初は、スタートダッシュが遅れて第4位であった。1000メートルから頑張り、東北大、早稲田を抜いて第2位である。詩神タイムは歴史上最速の5分47秒である。


 先輩は、勝った 勝ったと大喜びだ。にちだいは高校生の大きな選手、(ボート歴がある)を集めてこぐ。
わが硬派初めてボートを漕いで戦いに臨む。

 一橋の強さはまず、野村コーチ(日大出身)先輩のバックアップ、学生の練習とがんばり。艇庫、相模湖の練習も役に立っている。

 祝杯を挙げた。うれしい。来年は1位を狙うという。うれしい1ち日であった。、

[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-26 10:25 | 趣味
杉並区から、健康診断の受験票が送られて来た.期限があるので早速受けることにして、東京衛生病院にいく.検診センターに一括集中していて便利だ.

幾つか、追加の検査を頼んだのだが、費用がかかる.追加、4千円であつた。これらは持つと安くしても良いと思う.お金がないから、病気の検査もできないのでは福祉国家が泣ける.

どちらかといえば、お医者さん、病院が好きな方で
健康でなんでも食べられるのは幸せなことである.
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-19 16:15 | ビジネス
半年前に箱根の大文字焼きが、8月16日に行われると聞いて、見たいと妻と約束した。ホテルは、予約したがあまりに高いのでビラに変更して、家族に呼びかけた。

皆、夏休みは忙しいが、孫4人と大人4人、計8人が集まった.7時30分から、一斉に、大の字への点火、花火が40分の間、鳴り止まない.全員で部屋から見たのだが、迫力がある.

始めてみたのだが、大正時代から有名らしい.始まりは、京都である.先祖を思い、送り火を見て感ずることがあった.孫たちが、どう感じたか、作文にどう書かれるか、興味がある.

見たいと思うこと、実際に見に行くこと、感激すること.大切なことだと思う.
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-19 16:02 | 趣味

少年H.をみる。8月18日

お盆の季節で満員である。ねつとで予約していく。戦争映画は、見たいような、避けたいような、複雑な気分である。自分が経験したことに原点がある。

少年Hは、たくましく、戦争を経験していく。父親が、第三者的に、息子の成長を見守る.母は、クリスチヤンデ、真面目に生きるが、世間の風は冷たい.

終戦後まで、描くことによって人間の変わり身の早さも、感じている.少年は、そこで家を出て自立の道を選び、絵を書いて生活する。

庶民の生活を通じて戦争を表現している.良い映画である。子供達に見て欲しいが皆夏休みで忙しい。小学校6年の孫には、私が兄と二人で北朝鮮から帰った話をした。どこまで理解したかわからないがいざとなったら、強くなって欲しいものだ。

戦争はしてはいけない。弱い立場の人たちが一番犠牲になることになる。語り継がねばならないと思う。
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-19 15:39 | 趣味
今はなき河合隼雄先生の本を8冊ぐらい読んだ.スイスにユングを勉強しに行って日本の心理学の水準をあげた方だ.

ものの見方が偏らない。どの本見ても勉強になる。今は、心の最終講義を読んでいるが、実際の講義を聞いて見たい.

産業カウンセラーの試験の時に心理学を習ったことが、その後大変役に立つている。人間、学ぶことはいつまでも大切だと思う。

先生は、死後の世界を信じていないようだが、日本霊異記に、あの世に行って来た人の話が出てくる。歴史を紐解くと人間の進歩は心の面では変わっていないようにも見える。科学が進歩したように見えるが、実は、人の内面では、あまり変わっていないのかもしれない。

河合先生は、あの世でどんな意見を述べているであろうか?
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-14 11:15
9月8日から14日まで、フィリッピンに旅行する。日本労ペンクラブで労働事情調査に行く。

毎年でかけるが、一昨年にカンボジアに行って大変勉強になった.ポルポトがなにをしたか.世界はその時、実情を知らなかったようだ.ジャーナリズムが必要である.

東南アジアについて、米国よりも知らない。実情をしっかりみてこよう。旅も、遊びと勉強と、交互に行くと良いと思う。
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-14 10:43 | ビジネス
トムクルーズのワールドウォーZ.をみた。最近により、人間がゾンビになって、それを免疫生の薬を開発して、世界を救うという壮大の話である.

人が人間を攻めてくるのは怖い.サーズとか、コレラとか過去にも、人間が大勢なくなった歴史はある。

新しい世界戦争をしさしているかもしれない。テーマのある映画である。Bの上である。
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-14 10:20
  小学校6年生の孫が「次郎物語」を読んでいる。今までは進めてもサッカーの本のほうが良いと選ばれなかったが、どこで関心を持ったか、読みだした。

 私の愛読書であり、中学生の時にこれは私の話を書いたのではないかと思い、図書館で借りて14回読んだ記憶がある。本当に14回も読んだかわからないが、夢中になって無計画の計画とか、朝倉先生とか、息子を守ってくれる父親とか、シーンが浮かんで来る。

 少年が大きくなる時の感受性が時代を超えて、孫の心に響いたのであろう。
もう一人、同級生の孫がいる。この子にも、買ってやろう。今の季節にこの本をぜひ読んでほしいのである。
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-03 08:27 | 趣味
宮崎駿の風立ちぬ、を見た。関東大震災、戦争、飛行機作り、男のロマンといって良い.

感激した.堀辰夫、堀越次郎の話をベースにして新しいストーリイができているが、美しい恋愛でもある。
Aクラスの映画です。お勧めします。
[PR]
by kazunori_lifework | 2013-08-02 14:00