森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

卒業50周年(11月16日)

 今年は一橋大学卒業50周年だ。同時に会社(八幡製鉄)入社50周年となる。
いずれも50周年記念の会があった。

 卒業は如水会館で250人を集めて、パーテイがあった。八幡は現地でパーテイ、仲間で福島のハワイアンに泊まりがけの旅行に行った。古い仲間との集まりは楽しい。

 他人が年取ったなと思うので、きっと自分も年取ったと思われるのであろう。お互い様だ。
でも、半世紀も社会生活してきたことを、ごくろうといいたい。
 悔いのない人生である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-11-17 10:00 | 趣味

早稲田の講義(11月16日)

 早稲田の哲学講義も3年になる。先生との関係、生徒の友人、交流が増える。
12月に懇親会をセットするのだがその幹事会が大変である。

 育ちも違う、年も違うのでまとまりが悪い。幹事になる人が苦労する。皆で何回か集まって会を設定する。

 やってみると楽しい。新しい友人に出会うことになる。
早稲田が第2の大学になるのであろう。

 私の授業は60人ぐらい受講している。2講座なので、120人ぐらいが同級生だ。顔見知りになる。図書館は週に1回は行く。本に近いことも早稲田に言うメリットである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-11-17 09:51 | 趣味
 終の信託、医者と患者の話である。淡い恋心があるが、患者は静かに死ぬことを願って医者に最後の見取りを頼む。結果、医者は殺人罪で検挙されてしまうが、安楽に死にたいという依頼にこたえてしまう。

 人は安楽に死ぬことを望む。今の医療は本人の意思とは別に生かしてしまう。
今の医療制度、刑法の矛盾をついている。

 老衰、自然死、尊厳死、安楽死、いろいろの形があるが、古い法律、医者、病院の論理で無理に生かされてしまう。

 人生、死を考えるための良い映画である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-11-17 09:43 | 趣味