森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

寺子屋の就職率。

 寺子屋をしているがどのように結果が出ているのか、興味を持っている方もおられるであろう。
それがなかなか大したものであるのだ。

 来られる方はあまり多くはないが着実に増えている。紹介で来られる方が多い。広告で探したりしたが、効果は限定的である。そこで口コミに重点をおくことにした。

 口コミは友人の紹介、お医者さんの紹介、妻の知人からの紹介、寺子屋の経験者からの紹介と多岐にわたる。最初は相手も戸惑うが、寺子屋の趣旨と、回数を重ねる中で信頼をえていく。

 3-6か月が平均である。事情はそれぞれ異なる。田舎に帰る方、定年を迎えた方、失業した方、女性、学生、お年寄り、家族のことについての相談、何でも相談に応ずる。年齢でダメとか、事情によってはダメということはない。

 個人の事情に合わせてアドバイスしていくと、自分で気が付いてくれる。結局次の人生を決めて就職が決まっていくのである。うれしいというか、お手伝いができてやりがいがある。
 就職が決まると、乾杯したり、小さなお子さんのいる方は安いホテル券などを送って楽しんでもらう。子供が海に行って喜んだなどという手紙をもらうとうれしい。

 年間、数十人であろうがお役にたてて寺子屋の有意義な活動が理解されるとうれしいのである。生きがいとなっている。困った方は遠慮なく相談してほしい。継続は力なので
つずけたいと思っている。
[PR]
by kazunori_lifework | 2012-09-15 12:05
 久しぶりに「あなたへ」という映画を見た。NHKで高倉健の映画を撮るドキュメンタリーがあり、その中で紹介された。興味を持って映画を見たが、良い出来である。

 話としては看守であった主人公が亡き妻の散骨のために長崎の平戸に行き、いろいろ経験する中で妻の気持ちを理解するという内容である。途中でビート武が脇役で出てくる。

 81歳の高倉健は年も取ったが、ある面でいぶし銀のような演技も見せる。感心してしまった。
役者はセリフ、演技に全力を込める。

 しんみりして、妻に見に行こうよと誘っている。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-09-15 11:45
 2週間の夏休みを取った。会社を卒業すると自由に休めることがうれしい。会社に務めているときの休み方は気にしながら、かつ堂々と休むのだが、働いている方に申し訳ない思いである。

 今は気兼ねなしであるが今度はお金に制約されることになる。初めてのことだが1か所に滞在して絵を描こう、と妻と計画した。ド超え、--パリがいい。どんな形ーーーアパートかホテルか。
ネットで探してやっとホテルで安いのを見つけた。2週間で2人で5万円である。
 航空券は根遠出最安値、危なそうな航空会社は止めて安心できて、かつ安いのを探す。燃料費込みで14万円。

 ついてみたらネットで探した成果でツイン、ふろおけあり、地下鉄駅2分、朝食付であった。
2人でどこに行くか、何するか相談しながら、TGVの予約したり、地下鉄の回数券買ったり、いそがしい。添乗員がいないので自分で決めて予約して、行き先にたどり着く。

 絵をかくのはゴッホ、セザンヌ、モネ、ロダン、の足跡を訪ねる。オルセー、ルーブル、マルモッタン、元雄言った。描いた絵は10枚。油絵、水彩画、スケッチ、気に入らない。
うまくかけないのだ。

 妻と朝から晩まで同一行動も、仕方がない。気権威あってはいけないのだ。一回スリに狙われた。
被害はなかった。

 旅の満足感はあった。他人任せでないので責任は大きいが楽しい。おすすめである。
時差もぬけてアルバム作って2人で満足している。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-09-11 09:20 | 趣味