森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 官庁に働く方に対して、セミナーの講師を行っている。テーマはプライバシーマークの件である。
民間ではどのような管理、動きをしているかということで4時間コース、約70人の方に計3回で実施している。

 真面目に受講している。少し受け身すぎるのが気になるが真剣の講義を聴いたり、討論したり、コミットメントを書いたりする。

 講師も30年近く行っている。狙いをよく考えて、やる気の出るようなカリキュラムが大切だ。
1回ごとに反省し、改善する。やりがいのある仕事である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-07-27 11:06
 早稲田大学の授業で東北大名誉教授の岩田靖夫教授の講演会に参加した。70人程、聞いていたであろうか。素晴らしい内容だったので、お知らせしたい。

 まず。哲学者で科学技術に詳しい方は少ない。岩田先生はギリシャ時代から科学が発展して、人類に何をもたらしたか、を語った。

 簡単に言うと、人類は原爆というパンドラの箱を開けてしまった。戦争に使用される原爆、平和利用という原子力発電。今回はコントロールできない状況を経験した。
 特にプルトニウムという核爆発によってできる廃棄物の処理ができない。地下に埋めても問題は解決しない。

 環境に配慮し、リサイクル社会を作るしか道はない。技術は自然を模倣するという。人は知ることを知る、ことを喜ぶが物質的欲望を抑えることができるか否かが今後の分かれ目である。
 原子力はこれ以上、使ってはいけない。
科学の進歩が人類の幸せではない。いたく感心した。は電気を生むため、原子力活用派であったが考えを変えた。地球のために環境を考えていかねばならない。

 先生に一つ質問をした。81歳の先生は、若い時に比べて考えが変わったか尋ねたら、若い時はもっと科学に信頼を置いていたが、今は変わったといわれた。

 そうだ、科学を哲学でどうするかを考える必要がある。勉強になった。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-07-27 10:57