森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 シカゴに行って友人に会った。10年シカゴに住んでいるようである。夫妻で住居を持っている。
寒い冬がシカゴの特徴だそうだ。

 美術館とか、ミシガン湖とか歩いた。5-6キロメートルも歩いたであろうか。天気が良くて街が好きになった。

 海外に住むという選択はあるのか。タイでは放浪日本人(年取って帰国できない人が流浪しているという)の話を聞いた。ニュージーランドに家を買った人もいる。

 やはり日本で死にたいと思うのではないか。私は日本派である。しかし、外国に住んでいる方の話も刺激的である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-02-25 11:23
 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い。 これはニューヨークの9.11のテロで父を亡くした少年が、やっと立ち直っていく過程を描いた映画である。

 臨場感があり、少年のダメージ、母との愛情、祖父との交流を描いてすぐれている。よい映画である。9.11の10周年を考えて作られたかもしれない。題名が長いのは、テロ当日被害者の電話で話した言葉を使っていいるのであろう。

 心理描写もよくできている。わが国でも津波の被害から立ち直る少年、少女の話が有ってもよい。
感激した。皆によい映画だといっている。アカデミー賞の候補にも挙がっている。

 テロはその後なくならない。しかし自爆テロは少し減少したようにも見える。世の中にテロ、戦争が亡くならないのは人間のDNAが人を殺してはいけないというモードになっていないのだという説を聞いて、変異感心したことがある。悲しいことである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-02-25 11:15
 20年弱、CPI という、世界コンサルタント協会の会議がフロリダであり、参加してきた。
80人もいたであろうか、米、カナダ、英国、フランス、中国、タイ、シンガポール、メキシコ、ペルー、ブラジル等である。

 結成25年で区切りもよく、最後はヨットを借りてパーテイをやったが皆さん楽しんでいた。
私は日本代表で10回目ぐらいの参加であるが長年の友人もおり、楽しめた。

 帰りにシカゴによって高校時代の友人夫妻とあって旧交を温めた。美術館が素晴らしい。

 米国、5泊の旅であるが外国人との付き合いもなれると楽しい。英語が十分でなく、オーストラリアの英語とか、わかりにくい。もっと語学ができれば自由なのにと思うが70%の理解力でもよくなれたものだと自分をほめてやりたくもある。

 感心したのはアジア諸国が8%の成長率で、勢いを増しつつある。日本も落ち着いているのはよいがもっと努力が必要だ。

 旅行は格安航空券を探し、10万円いない、ホテルはネットで探すと1万2千円で高級ホテルに泊まれる。友人がいたく感心していた。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-02-17 08:55 | ビジネス
 日比谷シャンテで「永遠の僕たち」を見た。泣けてきた。涙もろくなったのか、映画がよいのか。
彼女に会って恋をしたら「がん」にかかっていて3カ月しか命が持たない。

 なんとも、静かな映画なのだ。両親を交通事故で亡くした男の子は世をはかなんで学校にも行かない。結局彼女をなくしてからは、力強く生きていくようだ。

 この映画のよさを語れない。ぜひ見てほしい。東宝系で日比谷シャンテ、その他で上映中である。

 この前、妻とアメリカからの日本在住、エミリーと「ニューイヤーズ、イブ」という映画を見た。これは明るいアメリカ人がカウントダウンして新年を迎える話で、希望が持てる。でも、「永遠の僕たち」の方がよい映画と思う。

 新しい年です。2月にはコンサルタント協会の会議でアメリカに行く。3月24日には恩師蓼沼先生の忍ぶ会を開催する。そこで小冊子を作成して配るという計画を練っている。編集はおごそかに、気持ちを込めてである。戦闘機乗りの先生の写真に敬礼です。

[PR]
by kazunori_lifework | 2012-02-03 23:27 | 趣味