森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 トルストイの晩年を描いたという終着駅を見た。名作を発表して工なり遂げた後の話である。奥さんが悪女と歴史に名を残しているが、映画ではその妻ソフィアの愛情物語となっている。

 妻は著作権を家族のために使いたいと言う。トルストイの弟子たちは平等を実現売るために著作権を寄付せよと迫る。

 とうとうトルストイはこの論争に嫌気がさして家出してしまう。旅に病んで田舎の終着駅に寝込んでしまうのだが、最終的にソフィアの愛に気持をゆだねてあの世に旅立つ。

 妻の描き方がよき妻であったことをうかがわせる。トルストイも自分の理想主義と現実の間に悩む。
良い映画だと思った。歴史、本、に感心のある方はぜひ見ていただきたい。(シャンテ、文化村)

 映画が終わった後に5年後著作権は妻のもとに返されたと書いてある。どんな歴史があったのであろうか。
久しぶりに見終わってすがすがしい印象を残す映画である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-09-27 14:05 | 趣味
 20代に描いた油絵を1枚とってある。入社した八幡製鉄所を山の上から書いたもので、なかなか迫力がある。

 思い立って再度道具を買って書き始めている。なかなか思うように描けない。何枚か書いているが満足できない。まず油の使い方が下手である。

 今考えているのはまず構図をしっかり描くこと、良い題材であればきっと満足できるものが描けるであろう。
油でなく、水彩画が良いという意見もある。しかし道は遠くとも油絵を描き上げよう。

 他人のためというより、自分の趣味として楽しみながら絵に使う時間を増やしていこう。
海外に行ったときは良くスケッチする。短時間に水彩の色付けまでするので忙しい。あとで色をつけると忘れてしまう。写真を撮っておく手も臨場感がない。

 写真の記録も良いものだがスケッチの記録も楽しい。友人は先生に習ったらと言うのであるがきっとデッサンから始まるのであろう。あまり気乗りしない。自己流で気持のよい絵を描きたいという贅沢な夢である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-09-22 11:54 | 趣味
 就職寺子屋を初めてスタートした。少人数であるが一部就職が決まった方もいて嬉しかった。継続は力なりという言葉があるが、良いことだから続けるつもりである。

 第3回目、4回目を11月8日(火)、11日(木)に開催することで場所を確定した。前回と同じ杉並商工会館である。

 今のところ客集めが課題である。伝言板は効果が小さい。新聞、チラシ、サンケイリビング等を当たってみようと考えている。タダだから好いだろうというわけにはいかない。本当に困った人の助けになるように焦点を当てていきたい。独りよがりではだめだと思う。

 中味については自信があるのであとは、困っている人を見つけることが大切である。
世のため人のためを標語にしてきたが、これからが正念場である。

 

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-09-22 11:38 | ビジネス
 新橋に長く勤務場所を定めている。15年にもなるであろうか。会社のみなさんといつも行く飲み屋さんは数多くある。しかし、味も値段もそろっているところというのはなかなか難しい。

 長寿庵というソバ屋が新橋駅の前にある。いつも飲み仲間が行って飲み放題で飲む。それにしてもコストはかからない。そこに若い息子がいて真面目に働いているのをいつも感心して見ていた。付き合いは10数年にもなるであろうか。
 このたびめでたく結婚するということで招待状が舞い込んできた。

 10月であるが出席の返事を出した。若い方が結婚して次代に子供を作っていくというのは大変喜ばしいことである。
 最近は結婚式は親せきを除くとめっきり少なくなっている。気分を改めて、楽しく結婚式に参加しよう。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-09-16 17:47 | 趣味
 ブログは自分の趣味ではあるが、効用もある。たとえば初めて私のことを聞いた方がブログを見てイメージを浮かべてくれる。初めての手紙等にブログを見ましたとか、ブログで楽しい記事を見つけましたとか、書いてくれるケースがある。

 会社とか、略歴だけではイメージがわかないが、ブログを読むと人物のおおよそが理解できると思う。

 あまり広く知らせていないので読んでいる方は少ないかもしれないが、長い間には関心を持って見てくれる方が増える可能性もある。在米国の友人も見てくれているようだ。しかし外国人の友人は日本語を読めないので難しいであろう。

 私のモットーは①悪口を書かない。②政治、宗教は書かない。③お金のことは書かにない。である。
皆が気持よく読んでくれることが大切だ。他人のブログもそんな基準で見ている。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-09-16 17:36
 9月5日に恒例のファミリーコンサートを開催した。今年で7回目であろうか。家族、子供たちを集めてそれぞれが楽器を持って参加する。20名ぐらいの会である。

 場所は音楽ホールであったり、町のピアノがある集会所である。今年は荻窪駅の近くの音楽センターを借りた。ピアノ、バイオリン、チェロ、フルート、ハープ、声楽、子供の音楽劇とうとう、楽しい。

 例年アイルランドの音楽に専門で取り組んでいる守安ご夫妻が参加してくれる。今年は奥様の誕生日が6日だそうだ。子どもたちと合奏を楽しく指導していただいた。

 こんなファミリーコンサートを開けるということは大変幸せなことである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-09-06 12:12
 誕生日は自分のことだが感慨がある。あと何年生きるか考えてしまう。昔は一つ年をとることに気持が行ったが、今は逆算方式が気になる。

 家族からのお祝い、アメリカの友人からは電話をもらった。友人からはカード[ウェブ上」をいただいた。

 ライフワークは就職相談なので[就職寺子屋]を継続したい。そして年1回は旅行をしたい。健康であることは親に感謝しよう。孫がいることは感謝してもし足りない。

 誕生日に物を感じることはたいせつである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-09-02 15:56 | 趣味