森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 先日武蔵関でグリーンタウン会が開催された。この会は30年前に武蔵関のグリーンタウンというマンションに入居した4家族の会である。

 3人が商社勤務、1人が鉄鋼会社、夫妻で参加し、海外勤務の会員を尋ねたり、一緒に旅行したりと会合を楽しんでいる。アルジェリア、アメリカ、メキシコ、タイ、香港、シンガポール、フランス、に出掛けた。
 国内でも松山、塩原、熱海等に遊んで楽しい時を過ごすことができた。

 とても仲が良い。そして4人とも社長になった。今は人生の収穫機でまたどこかに行こうと話し合っている。
年をとると新しい友人が少なくなる傾向になる。しかし、この会は結束固く無理をしないでお付き合いが長く継続している。

 これからも大切にしたい会である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-06-29 08:57
 予告編を見てみたくなる映画がある。之は年取った昔活躍したミュージシャンが再度作曲して、酒におぼれた生活を立て直す話である。若い女性記者との恋も描かれている。

 テキサスのアメリカの広大な景色がよい。また落ちぶれて酒にのめりこんだ後、昔を思い出して作曲するが哀愁に満ちていて素晴らしい。音楽と昔の栄光を追う主人公が良い演技を見せてくれる。

 アメリカ映画の良い一面である。アバターとか、アリスみたいにお金はかかっていないが、人生を考えてしんみりする内容となっている。昔風の音楽がこころにしみる。

 音楽と年寄りに関心のある方にはお勧めである。Bの上。

 アメリカに住んでいる友人からいろいろな映像を送ってもらっている。変わった世界の橋とか、デルタのラストフライトとか、ガス爆発とか、良くこんな写真があったなとびっくりするものが多い。
 彼は私ほど映画を見ていないようだが、他人の趣味と自分の物は異なることがよいのだと思う。すべておなじ趣味では面白くない。

 

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-06-17 14:39 | 趣味
 6月14日11時からカメルーン戦で、1対0で勝利した。個人技では上回っていたといわれるが日本のチームワークは光っていた。

 先制点がよかった。後から追うと弱みが出る。本田のゴールがみなを元気付けたと思う。国別にみると戦い方が異なるが、日本は組織力でで戦うタイプだ。

 視聴率は45%であったという。皆が多縁したため寝不足がひろがった。
友人と会合していたので読みを調べたが勝といったのは私1人であった。引き分けが7人、負けが4人で勝ったのには驚いた。なぜ国民があきらめるのであろう。

 応援があってこそ選手は頑張る事ができる。
次はオランダ戦デンマーク戦である。頑張って勝ってほしいものだ。、

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-06-15 14:27
 同級生が幹事してくれて日光に旅することになった。至れり尽くせりの幹事で日程、ホテル、食事、バスの手配をしてくれている。

 一つだけ希望したのは1人部屋のことである。何回かいびきの方と同室で寝不足となったことがある。あまり寝不足は希望しない。それぞれの習慣があるので旅はのんびりしたい。

 仲間だから好いじゃないかという意見もあろう。しかし我慢しなくてのんびりしようという考えもある。
人生の収穫期である。心静かに自然を楽しむ余裕がほしい。

 十数名で出掛けて、お話しして、お酒飲んで、カラオケに行って楽しむつもりである。感謝、感謝である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-06-11 13:23 | 趣味
 早稲田に通っているがクラスの懇談会があり、先生も出席というので出ることにした。25名ぐらいであろうか、会費制で高田馬場にて5時からの会合である。

 先生の挨拶もあり楽しい会であった。となりの男性が同窓であったことは奇遇であった。卒論の話を先生にしたら早稲田のようなマンモス大学は図書館に取っておいてくれない。国立大学は好いですねとうらやましがられた。

 女性も挨拶したが離婚した人が3人ぐらいいて世の中いろんな方がいると思ったことである。
会合の後先生と6人でカラオケに行った。みんなうまい。かつマイクを離さない。

 他のクラスの会もあるがそれは参加しないこととした。
懇談会で新しい方と知り合うのもよいものである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-06-10 11:08 | 趣味
 鳩山政権8ヵ月という短期で終わった。細川元首相も一年持たなかったと思うが政権の重さは大変なのであろう。自ら目標を設定して、それが出来なかったと言ってやめることが正しいのか否か、よくわからない。

 鳩山首相の良かったのは沖縄の負担をこの機会になんとか軽減しようという意思で始めたことである。反対の声が大きかったが沖縄県外へ、徳之島へという方向は間違っていなかった。もっと何を考えてどうするか洗いざらいオープンにして議論していく方法がなかったかと思う。説明不足のようにも見える。

 ただ政治と金の問題で小沢氏、鳩山氏も国民に疑惑を抱かせたことはマイナスであった。前向きの民主党が古い体質の政党に見えたしまった。

 短期で海外にもコロコロ変わる印象を与えたが民主国家である日本で首相が変わるのは何も危険ではない。帰って良い方向が出る可能性もある。菅政権が何をどう変えていくか見守っていこう。

 自民党が自滅した後だけに民主党に頑張ってほしいと考えている。仕組みが変わると世の中が変わる。
あまりにも長い政権運営は不正を生みだす。太陽のもとにさらして皆でチェックするともっと良い知恵が出てくる。

 2大政党が理想的なシステムか否か、確かめていく必要がある。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-06-08 13:15