森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

連休に思う (4月27日)

 5月の連休をゴールデンウィーク、9月の連休をシルバーウィークと呼ぶようだが、働く人は混むのを承知でこの連休に休むしかない。確かにはずしてすいているときに休む方が効率的なのだが、会社勤めはうまくいかない。

 そんなわけで混んでいるとわかっているけど里帰りもするし、旅行もするということになり、大渋滞になるものだ。他の人が休まないときに休む方がどれだけ楽かわからないが、である。

 世の中のお父さんはそれでもがんばって家族サービスに出掛けるのであろう。
全国をいくつかの地域に区切って時間差で休む案が新聞に出ていたが良いと思うことはやってみた方がよい。ダメなら元に戻せばよいのだから。

 季節は良くなり、自然に表に出たくなる季節である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-26 15:23
 早稲田大学に入学した。といっても社会人向け授業である。数多くの講座があるが週に1日、午前、午後の授業を選択した。一つはヨーロッパの歴史と文化、もうひとつは哲学、である。

 45年ぶりに学ぶことになるが同じ先生の講座が続くのも面白い。90分、生徒は一クラス50人から80人ぐらい。女性が半分以上いる。

 ネクタイしている人は少ない。私は頑張ってネクタイしているが慣れて来るとはずすかもしれない。
授業は言ってみれば100点とはいかない。しかし知らないことを学ぶことは勉強になるのでまだ寝ていない。

 昼の食事が混んでいる。学生は弁当、ラーメン屋に列を作っている。あまり時間がないので時間によって食べはぐれることもある。

 図書館も使えるので行ってみよう。友人の森氏に聞いておいてよかった。やはり友人の情報はやくにたつ。
知人の早稲田の先生と夕食でもしようという話になっている。近くの飲み屋を物色中である。

 大学生になった気分は良いものである。学生証もあって身分証明も完ぺきである。学生店舗でコーヒーを飲んだ。220円でした。
 仕事をこれから卒業する方、時間が出来た方、勉強したい方にはお勧めである。早稲田のエクステンションコースは受けてみる価値があります。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-21 18:23 | ビジネス
 最近、心理学に興味があってユングについて読んだ。日本の第一人者河合はや雄氏の解説である。難しいが引き入れられる。フロイトがセックスをベースに心理を読んだのであるがユングは意識、無意識の間に人の心理が動くとして解明しようとした。

 登用にも関心が深く登用と、西洋の特徴も出てくる。東洋人は魂とか、精神を言うがあるがままにれるという点では東洋人の方が自然に近いのかもしれない。

 ユングの心理学は幅の広いもので一冊の本で判るものでもない。夢判断が多いが夢を覚えていられない。
私は一度いい夢見て笑っていたそうだ。(妻が言うには幸せな人ねという)夢で笑う人をどう表現するのであろうか。怖い夢も当然見るのだが。仕事の夢はユングには出てこない。お金の話をたくさん夢見た。

 ジキルとハイド氏が心理学で説明できるらしい。まだ入口であるが奥の深いものが心理学にはあるようだ。
もっと本を読んでみよう。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-15 13:58
 10数年間、日本労務学会という学会に所属している。2回ぐらい発表したり、シンポジウムに出たりしているが、今回は40周年であるという。私も25周年を記念して「再就職支援」について発表することにした。
 データを1500人分そろえて学問の水準に合致するような論文にしたい。

 3月末に書き上げて事務局に送ってある。変更はできない。10回ぐらい推敲したので自分としては満足している。データ、結論、提案、課題と出てくる。友人に送ったら何人かは感想を送ってくれた。

 学問と実務は密接な関係がある。実務者として学問の分野にも発言していくことは大切だ。大学で教えたいが年齢制限にひっかかりそうだ。

 今年は神戸で大会がある。聞いてくれる人がどれだけいるかわからないがパワーポイント使って頑張ってみるつもりである。
 再就職支援は自分の土俵なのでまとめやすい。八代先生、清家先生、佐野先生、白木先生、石田先生に感謝している。長い間の指導を受けられたこと、良かったと思う。

 論文読みたい方は連絡ください。送ります。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-13 14:04 | ビジネス
 四月から早稲田大学の社会人聴講生になることにした。受けるのはヨーロッパの歴史と哲学である。まだ新学期は始まらず14日が第1回目となる。
 友人が4年も通っているので話に聞いたが面白いようだ。大学受験の時に早稲田を受けているので合格はしていたが入学は初めてである。

 勉強するということは知らないことが学べて楽しい。頭の活性化にもなるであろう。講座はたくさんあって選びたいが曜日と時間が合わない。学生証が届いて図書館も入れるようなのでうれしい。

 産業カウンセラーに合格できて親しい方に知らせると皆さん喜んでくれる。記憶力が大変だった、講座を受講しないで独学で受けたというと誉めていただき気分がよい。落ちた時も報告しようと思っていたので黙っていることもないと思う。

 心理学を初めて学んだためか他人の心理に関心が深まった。今まで独りよがりで自分勝手に生きてきたことを申し訳ないような気分でもある。これからは他人の気持ちも慮る人になりたい。


 関心のままに「ユング心理学入門]河合はや雄著、焙風館を読みだした。深い世界が広がる。そうか自分の意識のもとに無意識があるのか、ジキルとハイドはしんりの問題か、と感心してしまう。

 西洋心理と我が国の心、魂、悟りとは違うようだが、映画の怖い話は心理学者が考えたものもあるようだ。
夢がいっぱい出てくる。私は良く仕事の夢を見るがこれはユングは関心がないらしい。

 フロイトとか、また勉強したらこの欄で取り上げよう。新しい世界への出発である。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-12 10:37

お花見(4月4日)

 日曜日、お花見に出かけた。夜桜見物で酒飲みの会もおさまってからなので静かな花見である。
ライトに花が照らされて白く浮き出ている。素晴らしい。

 日本人は桜が好きといわれる。しかし平安時代は桜でなく梅が花の代表だったこともあるようだ。
戦争のときにパッと散るというので桜が目立ったことから変わってきたかもしれない。戦争と桜も切っても切れない。

 雨が降ると散ってしまわないか、満開はいつか、桜の話題は皆の関心の的となる。
今年は満開と週末が重なり全国的に花見が楽しまれたようでうれしい。
 新入生、新社会人、新年度、4月は桜とともに始まる。

[PR]
by kazunori_lifework | 2010-04-08 08:49 | 趣味