森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 昨年から就職チャレンジ事業を都から受託している。月間百数十名が教育を受けて、就職をする活動を行っている。

 キャリアカウンセラーが20数名働いている。一日に50数名来ることもあって忙しい。飯田橋の都の仕事センターに入っている。

 世の中の無職の方を何とか就職してもらうという大変な任務である。

 都の実績を見て国もこのような事業を始めたようだ。生活保護しかないといった状況は本人にとっても社会にとってもマイナスである。

 国、地方公共団体はこのような良い制度を入れて前向きにサポートするようにしてもらいたい。我々もやりがいのある仕事として頑張るつもりである。 

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-08-26 15:18
 今年の母校のボート部の戦績はすごい。まず、東大との対抗戦に大差で勝った。今度は全日本0インターカレッジ(8月22日-23日戸田コース)で8しゅもくが準決勝まですすみ、ペアーは2位。エイトは全国で4位であった。

 最近は私大が実力があり、国立大は影が薄いのであるがしっかり決勝まですすんだことは快挙というべきである。

 何が違うのであろう。生徒が言うには練習が違うという。革命を起こすつもりで頑張ったという。キャプテンの発言を聞いていて感激した。

 スポーツの世界は勝って初めて価値がある。先輩として誇りに思うし、うれしい限りである。寄付する気になる。

 長い間インカレに出て準決勝まで出るケースが少なかったので感激もひとしおである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-08-26 14:52
 今朝、伊豆で地震があった。震度6という。台風が九州、山口県に来て土砂災害があり、10数人が行方不明という。この近代社会で自然災害は繰り返される。

 安全で、健康な生活を守ることが難しい。政治の責任であるが、自然の猛威もまた人知を超える状況が多い。水に流されてと聞けばお気の毒にと思い、何か手を打つことはできなかったかと思う。

 夏休みのシーズンであるだけに皆の行楽シーズンに対して大きな影響を与えているのである。新幹線も止まってしまっては手の打ちようがない。

 戦争の後のどさくさを経験しているものとしてはもっとひどい状況もあるよと思ったりもするが、自然災害も似たようなものである。自分の身を守るには過去の経験と知恵が必要であるがどうしても自分だけは安全だと甘く見てしまう習慣があって反省しなければならない。

 車は高速1000円で渋滞はひどくなる。エコでガソリンを消費しないようにしようという掛け声と矛盾することはお構いなしである。

 自然災害に対する対策にもっとお金をかけて台風毎に行方不明者が出ないようにすべきである。悲しいニュースに人間の無力を思う。

 外国の友人から地震大丈夫?というメールが入った。世界は狭くなっている。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-08-11 16:59
 「日本でいちばん大切にしたい会社」というベストセラーを読んだ。坂本光司(あさ出版)一年で30刷である。
読んでみてわかった。企業に対する愛情があるのである。なぜこの会社が存在しているかについて暖かな紹介が心を打つのである。ある個所で心が打たれたところがあり、止まってしまった。

 この感激は読んだ方にしかわからない。ぜひ読んでみてほしいものである。人に言われて読む本も多いがあまり感心しないケースもある。しかし、この本で紹介されている会社はきっともうからなくとも存続しているだろうと思われる。

 社会が必要としている会社は存続する。儲けようとしすぎると経営がおかしくなる。ほとんどが中小企業であるが筆者が直接経験して感激した会社が出ているのでその感激が伝わってくる。

 勉強会で紹介しようと考えている。本は貸さない方がよいかもしれない。自分で買うか、図書館で借りてこそ感激が伝わるのである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-08-03 18:44