森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 映画を見ようとシネマコンプレックスに行ったが見たい映画が見当たらない。戦争映画は終戦の記憶があり、あまり得意ではない。しかし潜水艦の話で有る「真夏のオリオン」を見ることにした。

 終戦も近い8月14-5日の米国の掃海艇と日本の潜水艦の戦いを水の上と水の下から知恵を出しつくして戦う様を描いている。引き込まれてしまった。妹、家族との別れと再会が描かれている。
 潜水艦は沈む運命にあったが終戦に助けられる。

 若い艦長、若い兵士、終戦も近くなるとみな若くて兵士になっていたのだということが想像できる。回天の乗組員が4人出てくる。出撃を待つのだが艦長はもったいない命を捨てるなといって、発射を許可しない。
 命と引き換えに開店で出撃し足り、片道切符の飛行機で神風特攻隊といったり、戦争は人を狂わせる。
戦争が長引いたら私も少年兵士になっていたかもしれない。

 真夏のオリオンは吉兆で有るというテーマがベースとなっている。最後まであきらめないで戦った日本人の姿を見ると涙が出てくる。戦争を繰り返してはいけない。かっこいいと兵隊に憧れてはいけない。
 物語も映像もよくできている。アメリカ映画のように軍艦、飛行機が本物で出てこないが、模型でよく戦いを表現できている。

 観終わってすがすがしい印象を持った。戦争を考える機会として時間があったら見られることをお勧めしたい。Aクラスの邦画。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-06-22 15:32 | 趣味
 臓器移植法案が4案出ていて中でも、年齢が若くても移植が認められたことは一歩前進であると思われる。
国内では難しいため米国、タイ、ドイツに出かけて移植を受ける人があり、外国ならよくて国内はなぜだめなのかという議論が出されていた。

 脳死とは人の死か、死ぬとは何かと議論もあり皆自分が決めることでもないとの放置された12年間であった。しぬ方がいて、移植を待っている人がいるので、法律で認めようというのであるが、このたび移植が枠を拡大して実施できることになったことはうれしいことである。賛否があるので放置しておくというのは問題の解決にならない。

 世界保健機構が国内で解決策を見出すべきで海外の他の国に臓器移植をを求めるのは間違いで有ると指摘したことが大きな弾みになった。賛否両論があるのも当然であるガ放置がいけない。法改正して結果を確認してより良い制度、法律に改めていくのが筋だと思う。

 今回4法案が出されたが一番可能性の広がるA案が通ったことは世のために良いことだと思う。
自分の家族が移植を必要である時に反対出きるであろうか。多くの待機患者に朗報となってほしいと考える。
 難しい問題なので皆がそっぽを向いてしまうと進歩は期待できない。
 法改正を歓迎するものである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-06-18 15:16
 月に数回は再就職に関するセミナーの講師を務めている。最近困ったことは求人数が減ってきて、いくら
元気を出して頑張ろうといっても、受けるポスト不足が顕著で激励がしにくいことである。
 失業率5.0%。求人倍率0.7というのは最近出てきた数字である。

 元気の出るキーワード10項目といって話を聞いたら自信が出るように話すのであるがなかなか難しい。努力してできるだけ多くの機会を受験するように勧めるのが精いっぱいである。

 政府のセーフティネットも掛け声は大きいのだが実際にお金が出てくるのには時間がかかっている。毎日の生活がかかっている。早めの対策が待たれる。

 景気と企業業績が求人ポストにはっきりした影響がある。ワークシェアリングも給与を下げてでも雇用を守るまでに活用されているとは言い難い。

 こうなったら昔の失業対策でもあったように税金で雇用を増やす案も検討してもよい。
人を雇うことは企業の社会貢献としては上位に来るものである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-06-15 14:53 | ビジネス
 免許の書き換えで通知を見ると高齢者講習を70歳以上のものは受ける必要があるという。
日曜日に予約して行ってみると10人弱の少人数でセミナーと実技がある。

 教習所の練習、シミュレーターの運転、視野の検査と3時間の講習である。難しくないが認知症であれば難しいことばかりである。

 高齢者の逆走とか、信号無視が増えているという。事故を減らすために公衆は良いことだと感じた。5,800円かかるが事故チェックができてよかった。

 車は便利だが事故はつき物である。反省の機会としてよい経験をした

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-06-08 14:35 | ビジネス
 スカイプ(SKYPE)というコンピューター電話システムがある。米国の友人に聞いてセットしてみた。米国に2-4円でかかるという。これでは電話会社の商売はあがったりだ。
 スカイプを持っている同士で会話したらただになるとも言う。

 電話会議等スカイプを使うと大幅なコストダウンになる。すごい新技術が出てもう数年たつという。聞いたことはあるが実際に経験してみるとすごいと思う。

 ひとつ問題があった。電話してみるとかかるのだが声が聞こえない。レシーバーを購入し話すが聞こえない。四苦八苦してパソコンをセットしなおしてトライする。3日後に声が聞こえた。人に頼るわけにいかないので自分で努力したが、声が聞こえたのには感激した。

 これで海外と話してみようと思う。国際電話会社はこのシステムを見て今後どうするのであろうか。商売あがったりではないか。

 技術進歩は目覚ましい。昔の商売は消えていくものもある。いつまでも残るものもあるが電気自動車が出るとガソリン自動車は消えていくかもしれない。びっくりした経験である。嘘だと思ったらSKYPEをグーグルで検索してみてください。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-06-02 16:42