森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 自分史である[私の旅心]を私費で発行して3カ月になる。500部を頼んだのだが、
そんなに配布する先がないのではないかと心配した。しかしこれは杞憂にすぎず、1月末には在庫がなくなってしまった。
 
 弁解ではないがだれでもよくて配ったわけではない。お付き合いがあり私と何らかの付き合いがあって、かつ関心を持って読んでくれる方が対象であった。そこで私の人間関係のある方は500人はいたということがいえよう。自分で考えていた以上にお付き合いが広かったという事もいえよう。うれしいことである。

 そこでこれからのことも考えて増刷することにした。印刷会社に相談すると表紙がカラーなので高い。もし表紙の在庫がある範囲内であれば安くできますよという。これはうれしかった。印刷会社は独自の判断で増刷があることを予感していてくれた。この会社は「伊藤鵬文堂」(03-3292-1328)である。伊藤社長とは気が合い20年ぐらいの付き合いになる。持つべきはよき友である。

 もし皆様が自分史を出そうと考えたら「伊藤氏」に頼むとよい。市価の半分でやってくれるであろう。
増刷は立派に出来上がった。配布の基準は変えないで行こう。人間関係を濃くする目的で読んでいただこう。

 ぜひ読みたいと思われる方は申し込み可である。部数があればお届けする。今は便利でメール便というのが80円で届けてくれる。郵送料は不要である。

 40%ぐらいの方から、電話、手紙、メール、本、メモ、直接のお話でご意見、感想をいただいた。55年前の中学の親友から山の本(自分で描いたもの)を送ってきた。うれしくなって私は愛知県まで会いに行った。
我ながら行動的だと思う。誰が50年前の友に会いに行けるであろうか。思ってもなかなか動けない。

 人生を感じさせてくれたのもこの本のおかげである。読んでいただいた方に感謝している。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-25 15:31 | 趣味
 アkデミ―賞は遠い話と思っていたが、本日「おくりびと」が外国人映画賞を受賞した。
映画を見た方はわかるが日本人でもあまり経験しないテーマを映画化しており、見た後感銘を受けたが営業的にヒットするとは考えなかった。

 しかし実際は30億円売り上げるヒットになり、外人が投票するアカデミー賞で受賞することになった。素晴らしいことだと思う。外人がこのこまやかな感性をよく理解して評価したものだと思う。文化は国を超えてお互いに理解しあえるものと確認できたことはうれしい出来事とである。

 話は納棺士の話で日本人にも親しみがない。しかしこの映画は観終わって深い感銘を受けることは確かである。私は一度見てよかったので妻を誘い2度見た。そして会う人によかったという話をしたのである。

 外国人は自分の文化で他の文化を判断するのではないかと思っていた。しかしそうでもない。その証拠に能、歌舞伎、お茶の湯、等等、外国人が感銘してくれる芸術は沢山ある。日本人もオペラ、ミュージカル、絵画とう外国の文化に感銘を受けてきた。

 クロスカルチャーということを感じる出来事である。平和はお互いに理解し合うところからできてくる。アラブとキリスト教もどこかで理解しあえるはずと思うのである。衝突ばかりしているのは人間の「我」であろう。

 まだ見ていない方は見られることをお勧めしたい。「おくりひと」と「つみきのいえ」である。後者は短編アニメーション賞を受賞した。これは見ていないのでどこかで見たい映画である。

 私は映画が好きであるが、非日常的なところが良い。良い映画を見ると心が洗われるように思うのである。
本日は受賞に対してサッカーが勝ったようにうれしいのである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-23 16:41 | 趣味
 人は誰でもクラス会があると思う。若いころはその必要性はあまり感じなくて、参加もしないケースが考えられます。しかし企業を卒業するぐらいの年代になるとクラス会への参加者が増加する傾向にある。

 私のケースでは、中学、高校、大学、のクラス会があり、ゼミの先生の会があります。出来るだけ参加するので60%ぐらい出ているのではないかと思う。

 かつ参加しだすと昔の相手にそれ以降の話とか、付き合いの重なりがありより親しくなる面もある。
情報もいろいろ入るし、聞いておいてよかったと思うことも多々あります。

 不思議なのは昔記憶した人物像とあまり皆さんが変わっていないことです。人の加齢は性格を変えないのかもしれません。もう何回開けるか判らないのでまたやりましょうという方が多く、楽しみでもあります。

 大学のクラス会で毎年旅行に行くのが楽しみです。人生を楽しむ会がクラス会ということも言えます。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-21 16:29
 セミナーの講師を依頼されることがある。多いときは週に2-3回ということもあるが、最近は月に3-5回というところである。

 大きな会場では130人というのもあれば、20人、10人単位のものもある。テーマは相手によって違うが中高年向け仕事探しとか、職場の活性化というものが多い。
 力を入れているのは「あなたも就職できる」という激励セミナーである。

 聞いている人の顔が変わるのは良い証拠である。感じてくれる。しかしたまにはあなたの話は面白くないよと言わんばかりの態度もある。えてしてアンケートで悪口書くのはこれらの人で100人に2-3人は入ってくる。

 頭に来てはいけない。自分の話がつまらなかったと反省も必要である。それだけに新しい知識、研究が必要である。昔の名前で出ていては陳腐化する。

 昨日BAA の会で勉強会があり、「自分の思いを反映させる投資」という話を聞いた。素晴らしい講師で中高年になったら儲けようと思わず、夢、感動、利益を考えて自分に投資せよという。

 話しぶりもよく素直に聴くことができた。話し方、内容、説得力の発揮、すべて一流であった。良いところは取り入れようと考えた。
 気に入ったのは60歳を超えても働けばそれがインフレヘッジになるという考え方である。激励の種に使える考え方だ。

 あたらしい話ができなくなったら人前で話さない方が良いかもしれない。
 私は ①話が長過ぎない。②時間を守る。③ユーモアを入れる、④年を言わない。⑤テーマを絞る。
異にしている。延長時間にはいることはできるだけ避ける。
 講師もやってみると簡単ではない。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-20 17:43 | ビジネス
 毎年確定申告を行うことにしている。自分で説明をよく読んで申告するが税金は帰ってきたり、支払ったりいろいろである。

 今年は電子申告も検討したが器具が必要だったり、届け出が必要なので来年にした。
面白い。出来るだけ早く計算して届ける。

 税金は国民の義務なので正しく申告しなければならない。すでに事務処理してしまったので気が楽である。妻の分は担当しているが税務署に行くと「ニセ税理士にちゅういとかいてある」、困った人にアドバイスしたいがやめておこう。自分が正しいとは限らないしいらん世話である。

 2月15日から3月15日までは税務署は忙しい。来年こそ電子申告をしよう。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-19 16:52 | ビジネス
 建国記念日に「マンマ ミ―ア」を見た。映画館が満員なのを久しぶりに経験した。30分前に行ったのに3-4席しか空いていないのだ。若い人が多い。

 この題名のミュージカルがロングランしていた。それの映画化である。内容はギリシャの小島のホテルで結婚式があるが3人の父親候補が出席して、昔の彼女(母親)と娘が織りなす喜劇ということである。興味のある方はネットで検索すると予告編が見られる。

 ミュージカルなので歌が素敵である。ミュージカルで一度見ているので曲に聞き覚えがある。2時間楽しませてもらった。

 映画とミュージカルは密接な関係がある。ロングランのミュージカルが映画になると観客はよく知っているのでヒットするようだ。
 これ見たいなと思うチャンスが増えることが想像される。私もその部類で見たいと思ったのかもしれない。

 景気が低迷しているといっても若い方の出費は盛んみたいだ。バレンタインのチョコも売れているというニュースが多い。景気回復の気持ちを皆が期待して映画を楽しむ人口が増えると
消費は拡大するであろう。景気を拡大するためにもこの映画を見てみませんか。と皆さんをお誘いしている。

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-12 12:11
 私は今4つの勉強会に参加している。
  1.トレンド研究会  経済社会の問題を討議する会。すでに47年続いている。九州から始まって今は東京で会員は12名でである。テーマを決めて報告し討議する。皆さんの意見が異なって面白い。良く続いたものである。

  2.慶応ヒューマンリソース研究会。八代先生の主催で研究者の会。テーマが人事問題が多い。30人位の会員がいる。10数年の会員である。

  3.BAAの会. ビューティフルエイジングの会でコンサルタントが多い。年数回の会。

  4.労働法研究会 労働法学社、組合指導者、企業人事の労働法研究会である。判例を基に問題解決策を検討する。12名程度。月に一回の開催。

  その他は興味のある講演会に参加する。
自分が皆さんの前で話すときに何を話すか、どういう話にするか、いつも新しいテーマを学んでおく必要がある。

 研究会の交友は広がる。またいろいろ聞くことができる。日日新たな問題が出てくる。自分の意見を語るためには新しい情報を理解しておかねばならない。

 長く同じ会社に勤めている方の相談を受ける時があるが、研究会に参加していますか、本は読んでいますかと聞く場合がある。勉強していない方の転身は厳しい。備えあれば憂いなしの精神で勉強会を活用してほしい。
 私は勉強会に感謝している。自分を磨いてくれるのである。 

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-10 16:36
 学生時代の友人を作るチャンスは多い。社会人になっても多いのだが本当に親しくなるチャンスというのは減ってきているように見える。会っているのだが表面的になりがちである。

 「袖触れ合うも他生の縁」トいう言葉がある。辞書を引くと前世の因然で人に会うのであって多少の縁があるということではないと言っている。仏教の言葉である。

 外国人にしてもあって名刺を交換しただけではまた会うこともない。会社の付き合いも目の前を多くの人が流れていって、親しくなるケースは少なくなっている。
 しかし捨てたものではない。たまにこんな人がいた。付き合ってもらいたいと深く思う方にも出会うことがある。
 私はそのような時は御礼状を書くようにしている。また会う機会が少ないかもしれないが相手に興味があることを意思表示するのである。たまに相手先の関心が帰ってくることがあってうれしい。

 先日、妻とあるレストランに入った。観光案内書に書いてあったものである。カーナビに入れてたどり着くと静かなたたずまいで好ましい。入ってみると絵とか、彫刻が飾ってあってセンスが良い。
 おいしく食事した後それらの美術品を鑑賞した。奥様がそれを書いた主人はそこで絵を描いていますというので挨拶に行った。

 72-3歳で一度に10枚も絵を描いている。話していると絵が好きで20年前に海の見えるこの場所にレストランを開きながら絵を描くことにしたという。
 じっくり30分も話したであろうか。私が持っていた24歳の時に描いた絵を褒めてくれてうれしくなってしまった。専門家に評価されたのは初めてである。

 初対面でアttが「私の旅心」を進呈して、帰宅後写真を送った。
このお付き合いが今後どうなるかはわからない。しかしある画家と友人になったのは初めてである。またいつか尋ねることもあるかもしれない。弟子入りは難しい。(通えない)

 このように他人と親しくなる力が身についているのは何と幸せなことであろう。
人生で会って親しくなる人は少ない。大切にしていきたいと思う。 

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-04 10:39
 2月1日(日)に産業カウンセラーの実技試験が幕張のOVTAで行われた。朝から晩までやっているので何人受けたか判らないが1500-2000人ぐらいか。全国で開催なので全体は4-5000人ぐらいかもしれない。実技は訓練コースを受けた人が実技免除もあるのでトータルの受験生は7-8000人かと推定した。

 2人ペアーで、クライエンと、カウンセラーの役を行う。5分なので時間は限られる。その中で傾聴の姿勢を示すのである。テーマは①仕事の件、②性格の件、③人間関係の件、のどれを選んでもよい。
 私は40代の女性が相手方で、人間関係の悩みを述べた。彼女は仕事を続けるかどうかというテーマだ。

 出来栄えはまあまあであったと思うが試験官の評価はわからない。50代の女性と60代の男性であった。自分のカウンセリングについてよい点、悪い点を自己評価する。
 またなぜこの試験を受けるのか、今後どう使うかの質問がある。私は世のため人のために役立ちたいこと、勉強する暇が過去なかったことを説明した。

 学科、実技を受けてみてとても面白かった。これだけ勉強すれば資格がなくても実際の役に立つことがわかった。今まで強く指導しすぎたきらいがあり反省もした。

 ひとの心はわからないものだ。そして本人の気付きを大切にする考えは理解できる。あるタイミングで強い指導も必要だろう。

 心が病む人が増えている。もっと心理学を勉強したい気持ちもわいてきた。長く生きてきたが知らないことがまだまだ多くあることは、素晴らしいことでもある。好奇心が大切だ。
 試験を受けて新しい世界が見えてくるのも面白い。

 3月末に結果が出るが、駄目でも受かっても結果を公表しよう。失うものは何もないのだから、恥ずかしいこともない。もしだめでも、訓練コースを受けていないので落ちる理由ははっきりしているのである。

 皆様のご支援に感謝している。 

[PR]
by kazunori_lifework | 2009-02-02 09:52