森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

  もういくつ寝るとお正月と待ちわびたころはいくつまでであったろうか。大人になってもう新しい年か、早いなという感想の方が強くなってきたものである。

  私も2008年の8月にひとつ年をとり大台にのった。あまり人に年のことは言うまいと思ったが、事実は事実でもある。
  年が明けたらあたらしい気持ちで次の目標をたてて頑張っていこう。暗い話が多いが景気の話である。出来るだけ明るく気持を鼓舞していきたい。

  就職のお世話をするときにまず厳しい話から入ると相談に来た方は滅入ってしまう。まず大丈夫と安心してもらって元気の出る話にするように心がけている。
  朝の来ない夜はない。

  A HAPPY NEW YEAR.

[PR]
by kazunori_lifework | 2008-12-26 17:14
  昔、歳末助け合いという活動が広く行われてきた。お互いに年末を乗り切り正月を迎えるために隣人を助けようという動きである。ここしばらくはあまり見なくなってと思っていたが、今年は急速な不況で年末に解雇される派遣労働者がマスコミで取り上げられ助け合いの活動も増えているという。

  国も重い腰をあげて公団住宅の解放とか、相談窓口の開設に取り組んでいる。東京都の実施している「就職チャレンジ事業」もこの動きを先取りした事業といえる。教育と生活支援と就職を一体化した素晴らしい制度で、石原都政の善政である。

  救世軍の鍋も今年は多くの資金が集まっているという。
  それにしても急に契約期限があるのに年末に繰り上げて派遣労働者を解約するという企業の姿勢は困る。もっと早めに通知し、かつ、契約満了までは雇う責任があると思う。
  最近派遣労働の管理窓口が購買担当となり品物と同じ感覚でコストカットの対象としていることにも原因があるのであろう。
  人事、労働部門が管理するように企業内の担当を変えるべきであろう。

  私もできるだけの歳末助け合いをしたいと考え、NPОに寄付をした。誰かが少しでも助かったと思ってくれると貧者の一灯になるであろう。
  助け合いの精神、世のため、人のための精神が今こそ発揮されねばならない。

[PR]
by kazunori_lifework | 2008-12-26 16:56
 地球が静止する日トいう映画を見た。人類が地球環境を破壊しているのを見過ごせないと宇宙から地球を攻めてくる話である。つまり人類に任せていても環境破壊してしまうので人類を滅ぼして地球そのものを守って維持するという発想である。

 その宇宙人にキアヌ、リーブスという俳優が出てくるがいかにもクールで宇宙人を思わせるタイプである。
  人類は地球の環境を壊しているという反省がない。各地に円盤が舞い降りて人類をかたずけ始める。

  そこ絵母親と息子の家族が出てきてその宇宙人に人類も反省して行動を変えることができると理解させるように努力する。
  結局、その宇宙人は人類に期待をすることとし、円盤とともに去っていく。

  地球環境についてもっと関心を持つ必要と、人類の行動がいかにばかげているかを示唆している。天変地異、エネルギーの破壊力を見せつける。

  映画のできとしてはBクラスと思うが、環境問題への課題を提起している。今後の人類がどう行動すべきか、考えさせる内容である。お暇な方は見ていただきたい。

[PR]
by kazunori_lifework | 2008-12-24 17:00
  先日胃カメラを飲んだ。恥ずかしいながら生まれて初めての経験である。バリュームをのんだことはあるが、先生は心配があるので確認を含めて胃カメラを飲みましょうという。
  いやというわけにはいかないのでハイと答えたが本音は「めんどくさいな」という気持ちである。

  大病院に紹介状を持って行く。当日カメラで見てもらうと考え食事せず、出かけた。名のことはない。次回の予約で2週間後の予定をくれた。今日はできないのですかといったら、胃が破けた方なら枠が空いているがあなたは急がないと断られてしまった。

  食事しないで当日は出かけた。検査で胃が傷ついたら手術するとか、がんが発見されたらあなたは聞きたいですか、家族だけですか、トいう問とサインが求められる。当然教えてもらうことにした。
  のどの麻酔と鎮痛剤を注射した。眠気が出て熟睡してしまった。自分のィの画面が見たかったのに残念。終わりましたよと起こされた。少々ふらふらする。
  3か所変なところを組織をつまんだので10日後に来なさいという話である。つまり検査から診断まで一か月もかかるのである。

  本日11時の約束で窓口に行くが①時間待たされて、先生にやっと会えた。写真、検査結果を見て「問題ありません」 うれしいものである。やや緊張してもしがん性の潰瘍があるということになれば手術である。それがなくてよいことは大変うれしい。

  費用は約一万円、安心材料である。
  お酒を飲むせいか、胃が少し広がっている。お酒を控える、暴飲、暴食をしない。ゆっくり食べる。夜遅く食べない。等の注意を受ける。かしこまってハイといい、今晩はのもうと決める。

  がんは国民病である。なったら諦めて手術台に上る覚悟はできている。胃カメラ中、すべて寝ていたというとみんな笑う。
  私の初体験で有る。

[PR]
by kazunori_lifework | 2008-12-19 18:01

ブログについて

 以前ブライトキャリアのホームページでブログを書いてきた。2万人位見ていただいたようでうれしかったが、社名が新しくなりブログページを廃止した。
 また自由の身で意見が言いたくなって簿ログを立ち上げた。

 先日友人と話していてブログを書きたいという方がいたので作り方を話した。簡単でお金がほとんどかからないことと、返信不可にしている話をした。
 私はブログで気をつけている点は以下のとおりである。
  1.宗教の話、政治の話はしない。
  2.他人の悪口は書かない。
  3.意見を自由に言う。
  4.あまり長く書かない。
  5.義務的に描かないで言いたい時に発言する。

 応援団の発足について各コンサルタントがブログを書く案がある。人となりが出て皆さんがわかりやすいと思うであろう。どんな反響が出るか楽しみである。

[PR]
by kazunori_lifework | 2008-12-02 13:35