森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

カテゴリ:人生観( 38 )

 12月25日。クリスマスである。イブは妻と築地に行って、刺身を食べた。安くておいしかった。

 師走という。先生も走るという事から来たような文字であるが、気ぜわしいという事も言えよう。我が家は、孫が5人いるが、正月に集まることになっている。それまでは走ることもない。

 訃報が多い。遠い方、近しい方、親友、会社の方、同級生、どこから訃報が届くかわからない。今年は弟、親しい親戚の方がなくなって、寂しい気もする。

 時は、過ぎてゆく。っ過去を振り返らずに生きていこう。あまり、むかしのお付き合いで冠婚葬祭にの幹を取られていると、自分の人生が消えてしまう。

 ヨーロッパノお墓の碑があって、「明日はお前だ」と書いてあるという。意味が深い。
そうだなと思う。それなら、日日を大切に生きていった方が良い。

 できるだけ、お付き合いのある方と会う事にしよう。「またねという事は2度とこない未来。」という言葉もあるが、また会うこともある。捨てたものではない。

 「生きているのに、文句を言うな」。青山茂重氏が言っているが、どんな人か知らない。確かに文句言っても仕方がないのだ。

 たまに、むかしの仕事がうまくいかない夢を見てうなされていることがある。妻は、苦しそうだよと言うが、自分ではわからない。懸命に商売と戦った過去があるだけだ。会社は、うまくいかないことも多い。よくやったと思う。

 とらわれないで、周りの人に迷惑をかけない年寄りになろう。年寄りの嫌なところは次の通り。
 保守的、頑固、猜疑心、柔軟性がない、愚痴っぽい、嫉妬深い、わがまま、短期、出しゃばり、ひがむ、欲張り、嫌ですねー。
 よいところ、慈悲深い、淡泊、温和、寛大、よいところが少ないですね。

 はるばる来つるものかな。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-12-25 10:27 | 人生観
 携帯に伝言あり。スペインの巡礼の道を尋ねていたので、帰国した日である。親しい方の訃報が家族からあった。

 15年ぐらい一緒に働いたY.O。さんが,がんで亡くなった。7月から入院していたが、だれにも知らせてほしくないといっていたそうだ。その日がお通夜なので駆け付けた。

 71歳という。寂しい限りだ。ブライトで、右腕となって、誠実に働いていただいたことに深く感謝。弔意を述べて帰った。人の命ははかない。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-11-17 09:17 | 人生観
 お医者さんの指摘を受けて、大腸検査を東京医大病院で受けた。朝から絶食、2リットルの下剤を2時間で飲み干す。

 午後2時半、検査。テレビが映している。お医者さんと話しながら、30分検査。ポリープが2個、1個無害、一個は取ったほうが良いという。すぐに取ってほしいと依頼。超音波でカット。ホチキスで傷口を止める。

 1週間はノーアルコール、ノーふろ、食事注意を受ける。長年付き合ってきた腸、ご苦労様。ポリープの1個もできるはずである。でも、ガンがなくて安心した。

 飲み会が3回あるが、ノーアルコールで行こう。なまないと、口が寂しいが体にはよいと思う。体重が少し減ってうれしい。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-11-17 09:08 | 人生観
  8月30日に、なんと78歳の誕生日を迎えた。めでたさも中ぐらいなる、生まれた日。

[PR]
by kazunori_lifework | 2016-08-30 20:52 | 人生観
母は、102歳になる。弟に不幸があり、私が、窓口となって世話する事になった。色々、勉強すると、特別養護老人ホームというのがあって、国の予算が使われている。

入るのが難しく、2~3年末のが常識のようだ。がんばって、申請したら、ちょうど審査のかタイミングであって、幸に、入居が決まった。

100才を超えている事と、要介護四というのが効いたようだ。介護の手が多い。安心である。
母も満足しているようだ。

消費税をあと伸ばしにするのでなく、しっかり、税金納めて、介護を充実してほしい。

参議院選挙では、たいせつな、せいかつをまもる党に投票するつもりである。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-06-30 13:57 | 人生観

友人の訃報、28.4.7.

高校時代の友人の訃報が入った。癌だったという。同期なので、同じ歳である。

親しかったが、名古屋での葬儀という。いけない、友人に連絡し、電報をうった。

どうも、冬から、春にかけて、旅立つ方が多いようだ。心から、合掌する。
お付き合いは、55年にもなろうか。

親しい友が旅立つと、寂しさが募る。その意味では、会いたい人には、なるべく会っておく事が良いだろう。

昔、中学の先生に会いに行った。昔の事を、覚えていてくれて、嬉しかったのだが、1年経ったら、奥様から、ハガキが来て、亡くなった事を知った。あっておいて良かったと、感じた次第である。

生きていることは、死にあう事でもある。今日死ぬのであれば、何をしますか、という本があった。
つまらない事に、心を取られている暇はない。世のため、人のためであった。

役に立つ事を、努力して行こう。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-04-07 10:22 | 人生観
 現在、車には月に1回乗るのががせいぜいである。車検も来るし、安全おこともあるし、手放すことにした。

 50数年、維持してきたので、20代にも乗ったであろうか、シーマ、スカイライン、カロ-ラ、
ブルーバード、たくさんの車種に乗った。

 今は、日産ティーダである。ガリバー、アップルに行ったら、対応が違う。安く買って、高く売るという仕組みだ。

 思い切って、売却したが、寂しい気もする。事故を起こしてからでは遅い。カーシェアーと、レンタカーで間に合う。

 一つだけ、車が必要な場合があり、借りることになろう。新生活運動である。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-03-24 08:01 | 人生観
3月16日に、目黒区第11中学の同窓会があり、出ようかと思っている。50数年前で、顔がわかるか、途中で何人か、あった人は、分かるであろう。

そろそろ、会う機会も少なくなるし、会え時にあっておくと良い。
山田洋次監督の「家族はつらいよ」を見た。良い映画でした。お勧めしたい。

別れる人が増えてきて、世の無常を感じることも多くなってきた。
一期一会で、会うことを大切にしていこう。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-03-14 16:41 | 人生観 | Comments(0)
40年間、親しくお付き合いした方が、急逝した。朝、起こしに行ったら、心不全で亡くなっていたようだ。

死は前もて来らず、かねて後ろより迫れりと、兼好法師が言ったが、まさにその通り。びっくりするやら、心の準備ができない。

こころより、ご冥福を祈り、自らの覚悟も改めて感じたことであった。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-03-01 16:59 | 人生観
前から、オーロラが見たかった。妻も同じ希望。16万円のコースを見つけて、即決。
行って来た。

ノルウェーのトロムソという小さな町である。3泊して、2日,よる10時~12時に満点の中、毛現地の人は、ノーザンライトーオーロラのこと、を見ることができた。

日本でも、日本書紀に出ているという。太陽の磁気が地球に当たって見えるという。昔の人は、不吉な予感があったかもしれ無い。

皆さんに勧めたい。オーロラ見ずにあの世に行くな。と。

零下10度ぐらいなので、寒くはない。カナダ、アラスカに比べると、ノルウェーは、お勧めである。百聞は一見に勝る。生きてる間が花である。
[PR]
by kazunori_lifework | 2016-01-18 11:24 | 人生観