森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

セーフプレースメントと言うコンセプト(6月17日)

  アメリカでアウトプレースメントというビジネスがはやっていると聞いた。1984年4月、南部靖之氏、奥野氏と3人でロスアンジェルスに向かった。ユニバンスという会社と提携交渉に入った。

  その過程で私はコンサルタントとしての研修を行うためユニバンス社に2週間ほど残った。
マニュアルがあること、ビデオを使って面接訓練すること、先方の会社内に事務所を構えて再就職の支援を行うこと、等を学んだ。コンサルタントの前身を聞いたら牧師であったのが驚きだった。

  アウトプレースメントの語源を聞いたら企業の外に出すという意味でプレースメントのアウトで外に出すという造語ということであった。

  聞いた時に違和感があった。だめな人を社外に出すというように聞こえる。社外に出る人の再就職ができるように正義の味方であるべきなのに首切りの手伝いのようなイメージが付いて回る。

  そこで日本に導入するとき、セーフプレースメントと呼称して導入することとした。安全確実な再就職を実現するという良い意味なのである。

  この呼び方は企業の人事部から評価された。姿勢が良いというものである。
米国、ヨーロッパでもこのコンセプトを発表したところ歓迎されたのである。

  今わが国では再就職支援という言葉で統一してきたが、その基本はセーフプレ―スメントがあるのである。

  社名がネクストキャリアになっても、この精神は受け継いでセーフプレースメントを世に訴えていきたい。

[PR]
by kazunori_lifework | 2008-06-17 18:28