森下一乘のブログです


by kazunori_lifework

母の逝去。29.7.30.

母が、今年、7月30日になくなった。いつかは、来る日と思っていたが、実際に亡くなってみると、寂しい。

103年生きたという事は、大正、昭和、平成と、3代に、駆け抜けたということである。北朝鮮から、命からがら引き上げてきて、4人の子供を育ててくれた。大変だったであろう。

施設に、入居して、10数年になる。初めは、歩けて、ステーキが好きで、元気であったが、少しづつ老衰を感じるようになった。人は、何時までも生きる事はできない。

入院せずに、施設で、看取っていただき、ありがたかった。もっと、自宅、老人施設で、なくなる事が、多くなると良い。入院すると、無理に長生きさせてくれるのも、見直していくと良い。

葬儀、49日,各種手続き、無事終了した。勉強して、相続のいっさいがっさいを自分で済ませて、税務申告も自分で済ませた。税理士に頼むと、大金が必要である。

お墓も、改修して、気持ちよく、入居していただいた。苦労はあったが、母が、苦しまずに、旅立ってくれた事は、とても、安心感がある。

お世話になった皆様に、感謝しています。有り難うございました。

[PR]
by kazunori_lifework | 2017-10-30 10:29